脱・脱毛途上国! アンダーヘアの波形から生成した☆Taku Takahashiの楽曲、ついに海外メディアでピックアップされる

何を言っているのかわからねーと思うが、ありのまま起こったことを話すぜ!
SHARE
2018.11.30 03:20

さかのぼること2017年、役に立たない(かどうかはわからないけど)面白いものづくりや企画を行う、株式会社人間とblock.fm局長☆Taku Takahashiが提携し、日本市場向けの脱毛サイト『Datsumou Recipe』のPRとして、採取されたアンダーヘアつまり陰毛を音声波形化し、そこからダンスミュージックトラックを制作するという前代未聞の試みを行った。





海外メディアがアンダーヘアから制作された☆Taku Takahashiの「IN MOTION」をピックアップ。



エイプリルフール企画ではない。ガチである。この『PUBIC HAIR GROOVING』と名付けられたプロジェクトについては以前、block.fmが株式会社人間の花岡洋一、山根シボル両氏にインタビューを行っているので、その熱き志と創造性をぜひとも一読してほしい。


関連記事:アンダーヘアをダンスミュージック化。噂の「PUBIC HAIR GROOVING」とは



発想がクリエイティブ過ぎる。



“とんち”のようなクライアントの要望も、きっちり仕上げるのが一流のプロフェッショナル。


こうしてできあがった楽曲はその名も「IN MOTION」(タイトルも技アリだ)として、この世に唯一無二のアンダーヘア発、フロア行きのダンスミュージックが誕生。


時を経て平成最後のクリスマスを迎えんとするこの季節に、EDM関連のニュースを主に扱う海外メディアedm.comがこの「IN MOTION」を突然ピックアップしたのだ。


“JAPANESE PRODUCER TAKU TAKAHASHI COLLABS ON BIZARRE, PUBIC HAIR-INSPIRED VIDEO”


直訳すると“このビデオは、アンダーヘアからインスパイアされた。日本のプロデューサー☆Taku Takahashiが奇妙なコラボ。

となっており、なかなかパンチのある記事タイトルが付けられている。edm.comのライターはどうやってこの曲を見つけたのだろうか。日本の人かな? ソースが気になるところではあるが、記事ではしっかりと☆Taku Takahashiと株式会社人間がなぜこのような試みを行ったのかが書かれている。


株式会社人間の花岡洋一氏は日本市場向けの脱毛サイト『Datsumou Recipe』のユニークな挑戦について語った。

「ほんの少数の日本人女性だけが陰毛をきれいにする。 アメリカでは、女性の80%以上がヘアを整えたり脱毛をしています。」

—edm.com記事より翻訳





「日本のアンダーヘアをグローバルに通用するヘアにする」


この『PUBIC HAIR GROOVING』プロジェクトから生まれた「IN MOTION」は日本のマーケット向けに、脱毛、主にアンダーヘアを整えることを推奨しており、「日本のアンダーヘアをグローバルに通用するヘアにする」というのがプロジェクトテーマでもある。


こうして海外の、しかもEDM音楽メディアに取り上げられたことは、まさしく株式会社人間、そして☆Taku Takahashiが思い描いていたヴィジョンと創造性が実を結んだということだ。日本から世界へと、脱・脱毛途上国を発信する大きな一歩となるだろう。


あらためて、☆Taku Takahashiの感性によるグルーヴィーなダンスビートと、アンダーヘアの描く波形によって奏でられるポップで耽美なメロディをぜひ楽しんでほしい。 


 


身だしなみもグローバルな感性を発信


言わずもがな、block.fmはワールドワイドな音楽とポップカルチャーを体験できるメディアである。さまざまなジャンルの音楽、インターネットラジオプログラムやニュースを国内外問わず、グローバルなアーティストラインナップで発信している。


身だしなみについても、グローバルな感性を身に付けてほしいと願うblock.fmでは、世界を股にかけ活躍するMARZY(マージー)やDJ SHINTARO(シンタロウ)によるプロジェクトユニットPPBOYZ(ピーピーボーイズ)を起用し男性のアンダーヘア処理を推奨する動画を配信しているのであわせてこちらもチェックしてほしい。




これから、日本は年末に向けクリスマスムードが一気に高まる。年号が来年には変わり、新しい時代のフェーズに突入しようとしている平成最後のホリデーシーズン。愛する彼氏、彼女に、いやむしろカップルで一緒に。新しい内なる自分をプレゼントして、生まれ変わってみてはいかがだろうか。


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


source:https://edm.com/news/japanese-taku-takahashi-bizarre-pubic-hair-grooving


photo:株式会社人間『PUBIC HAIR GROOVING』YouTube




SHARE