SKY-HI、Crystal Kayら出演「TAKESHIBA Near Future LIVE Supported by block. fm」開催決定。リアルとオンラインが交錯する演出を披露

「東京ポートシティ竹芝」オープンを記念して開催されるニューノーマルな街びらきイベント「TAKESHIBA SMARTCITY FES」でのステージとなる。
SHARE
2020.08.28 09:00

ニューノーマルな街びらきイベント「TAKESHIBA SMARTCITY FES」が9月18日(金)〜9月20日(日)の3日間にわたって開催されることが発表された。


これは9月14日(月)に開業する、最先端の都市型スマートビル「東京ポートシティ竹芝」のオープンを記念して開かれるイベントで、アーティストによるパフォーマンスや芸人によるライブなど、様々なコンテンツがリアルとオンライン、両面から楽しめるようになっている。


公式サイト:http://takeshiba-smartcity-fes.jp/



SKY-HI、Crystal Kay、☆Taku Takahashi(m-flo)らが特別パフォーマンス披露




この「TAKESHIBA SMARTCITY FES」で、人気アーティストによるライブステージ「TAKESHIBA Near Future LIVE Supported by block.fm」が開催される。


出演は9月18日(金)Crystal Kay・TeddyLoid、9月19日(土)SKY-HI・KSUKE、9月20日(日)MINMI・☆Taku Takahashi(m-flo)が決定。


コロナ禍の中、オンライン音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL」等の配信音楽イベントを次々と企画、実現しているblock.fmがプロデュースする当ステージでは、リアルとオンラインが融合した最先端の演出でアーティストのパフォーマンスに華を添える。


リアルでも、オンラインでも楽しめる音楽ライブ


「TAKESHIBA Near Future LIVE Supported by block.fm」はリアルとオンライン、どちらでも楽しむことができるようになっている。


リアルのライブを楽しみたい方は事前予約をすることで、当日会場でアーティストによるパフォーマンスを観覧することができる。(※予約に関する詳細は記事下部を参照。)ステージは屋外に設置され、ソーシャルディスタンスを確保した観覧スポットなども設けられるので、安心してライブを楽しんで欲しい。


また、会場に足を運ばなくてもライブが楽しめるよう、LINE LIVEでオンライン配信も実施される。配信についての詳しい内容は追って公開となる。


「TAKESHIBA SMARTCITY FES」は音楽ライブ以外にも、劇団四季による歌唱披露、吉本興業所属のお笑い芸人による特別ライブ配信など多彩なコンテンツが用意されている。詳しくは公式サイトをチェックしよう。


公式サイト:http://takeshiba-smartcity-fes.jp/



「TAKESHIBA SMART CITY FES」概要




■開催日時

2020年9月18日(金)〜9月20日(日)

※会場でのオフラインイベント Start 12:00 / Close 20:00 ※18日のみ Start 16:00 / Close 20:00


■会場

東京ポートシティ竹芝オフィスタワー スキップテラス 3F〜6F 

住所:東京都港区海岸 1-7-1 

京浜東北・根岸線・山手線「浜松町駅より徒歩 4 分」 

都営大江戸線・浅草線「大門駅より徒歩 5 分」 

ゆりかもめ「竹芝駅徒歩 2 分」


■「TAKESHIBA Near Future LIVE Supported by block.fm」


9月18日(金)18:30〜20:00

Crystal Kay、TeddyLoid


9月19日(土)18:30〜20:00

SKY-HI、KSUKE


9月20日(日)18:30〜20:00

MINMI、☆Taku Takahashi(m-flo)


■チケット

ステージ前生観覧エリア:無料・事前応募抽選制

その他 : 無料・事前先着予約制

※オンライン観覧者は事前予約不要

・申し込み期間:2020年8月27日(木)〜9月3日(木)

・当落連絡:9月7日(月)(予定)

・チケット申し込み:公式サイト http://takeshiba-smartcity-fes.jp/


■感染症対策のお願い 

・イベント会場へお越しになる場合は、以下新型コロナウィルス感染防止のため、次の事項に該当する場合はご参加いただけませんのでご注意ください。

・体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭炎などの症状がある方)

・過去 2 週間において、発熱や咳、喉の痛みなど風邪の症状、嗅覚や味覚の異常、倦怠感や息苦しさ、体が重く感じる、 疲れやすい等体調に異変を感じたことがある場合

・過去 2 週間において新型コロナウイルス感染症陽性とされた方と濃厚接触がある場合 ・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合

・過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触がある場合


■ご参加の際は感染予防措置として、以下の項目を遵守してください

・入場時には、体温計測をさせて頂きます。37.5°C以上の方は入場いただけません。

・マスクを必ずご持参、着用ください。

・こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒をお願いいたします。

・他の参加者・スタッフ等との距離(できるだけ 2m以上)を確保してください。

・大きな声での会話、掛け声等はご遠慮ください。


■出演アーティスト・プロフィール



Crystal Kay

1999年「Eternal Memories」でデビュー。 「Boyfriend -partII-」「恋におちたら」などのヒット曲で大ブレイク。 2013年3月よりニューヨークにも拠点を移して活動。 2019年はアーティスト活動20周年イヤーとなり音楽以外の活動にも積極的に取り組み、 トニー賞4部門受賞のブロードウェイミュージカル「PIPPIN」(第 27回読売演劇大賞の女優賞受賞)の 日本版にも出演。 2020年秋、キャリア初となる待望のカバーアルバムのリリースが決定。 先行配信第一弾として「3月9日」をリリース。





TeddyLoid

Music Producer / DJ Artist

18歳でMIYAVIのメインDJ~サウンドプロデューサーとして13カ国を巡るワールドツアーに同行し、キャリアをスタート。m-flo、ゆず、香取慎吾、HIKAKIN & SEIKIN、ももいろクローバーZ、中田ヤスタカ、他、様々なコラボレーション、プロデュースが国内外で話題に。『Panty & Stocking with Garterbelt』、『ME!ME!ME!』等のアニメのサウンドトラック、ゲーム、CM音楽等も多数手がける。

また2016年には海外のSpotifyで最も再生された日本のアーティスト5組 に選出され、2017~2018年には4カ国13都市に及ぶワールドツアーを敢行。

2018年11月にはコラボレーション大作『SILENT PLANET』の完結編、集大成として、2枚のアルバムを連続リリースした。2019年も全米最大のアニメフェス”ANIME EXPO”の前夜祭、”OTAQUEST KICK OFF”のヘッドライナーを務め、アメリカに限らず、アジア、ヨーロッパでのフェス出演を展開し、国内外から注目を集めている。




SKY-HI

圧倒的なRAPスキルのみならず、卓越したボーカル&ダンス&トラックメイキングスキルを武器にエンターテインメント性溢れるコンテンツをセルフプロデュースで創り上げる日本の音楽シーンの新たな可能性を示すアーティスト。 音楽の持つ可能性を世界に発信し続ける存在として様々な分野から期待されている。





KSUKE

ゲーム音楽プロデュース、ロックバンド活動、そして世界各国ビッグフェスでのDJアクトほか、多岐多様な世界のエンターテイメント界を股に掛ける、日本を代表する精鋭音楽プロデューサー。

2015年3月 Warner Music Japan Internationalと専属契約以来、自身の楽曲の他、国内外アーティストのリミックワークも多数手掛ける。

2020年7月より、トヨタ自動車のコンパクトハイブリッドカー「AQUA」の新CMに、TVアニメ「鬼滅の刃」のオープニングテーマとして大ヒットを記録しているLiSA「紅蓮華」のKSUKEによるREMiX「紅蓮華 - KSUKE REMiX - 」がO.A。

ULTRA MUSIC FESTIVALへの各国出演、ラスベガスの超一流ナイトクラブ群(XS NightClub、LightNightClub、HAKKASAN)でのアクト実績、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・カウントダウンイベントへの4年連続出演、そしてアジア各国のビッグクラブにヘッドライナーとして招かれる等々、ワールドクラスの日本人DJとして誰もが認める代表的な存在。




MINMI

1996年からラバダブショーケースや地元大阪のクラブでのヒップホップイベントでマイクを握り始め、ライブ活動を初めてすぐにRED SPIDERやその他のアーティストのアルバムにゲスト参加するようになる。2002年8月デビューシングル「The Perfect Vision」が売り上げ50万枚という快挙を遂げる。2003年3月に1stアルバム「Miracle」をリリース。夏フェスの女王と称され2015年はフェス最多出演女性アーティストとなった。 歌手活動だけでなく新時代を切り開く女性として、幅広い世代から支持されており、 ファッションや発信するメッセージでも多くの女性に影響を与えている。 2019年春からは、ロサンゼルスにも拠点を置き今まで以上にワールドワイドな音楽活動を行う。2020年3月、RED SPIDERプロデュースの「Single Mother」を配信。RED SPIDERのYouTube企画から生まれた、 シングルマザーのリアルな気持ちを綴った一曲。





☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)

DJ、プロデューサー。98年にVERBAL、LISAとm-floを結成。

ソロとしてもCalvin Harris、The Ting Tings、NEWS、Crystal Kay、加藤ミリヤ、MINMI、EXIDなど国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行うほか、アニメ「Panty&Stocking with Garterbelt」、ドラマ・映画「信長協奏曲」、ゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン III」など様々な分野でサウンドトラックも監修。2010年にリリースした「Incoming... TAKU Remix」は世界最大のダンスミュージック配信サイト“beatport”で、D&Bチャートにて年間1位を獲得。また同曲で、過去受賞者にはアンダーワールドやファットボーイ・スリム、ジャスティス等、今や誰もが知っているスーパースター達が名を連ねる『beatport MUSIC AWARDS 2011 TOP TRACKS』を獲得し、日本人として初めての快挙を成し遂げ、名実ともに世界に通用する事を証明した。

国内外でのDJ活動でクラブシーンでも絶大なる支持を集め、LOUDの“DJ50/50”ランキング国内の部で3年連続1位を獲得し、日本を牽引する存在としてTOP DJの仲間入りを果たす。2011年に自身が立ち上げた日本初のダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は新たな音楽ムーブメントの起点となっている。

m-floの最新アルバム「KYO」、lovesシリーズ復活第二弾の最新シングル「m-flo♡chelmico RUN AWAYS」が好評発売中。





SHARE