SZAが体調不良を押して、母校で凱旋スピーチ。「夢は自分を信じることから始まるの」

先日、喉を痛めていることを明かしたSZAが、自身の母校で感動的なパフォーマンスと演説を披露した。高校生時代の意外な一面も告白している。
SHARE
2018.06.13 12:30

所属先であるTDE(Top Dawg Entertainment)のジョイントツアーに参加しているSZA(シザ)は、先日喉を痛めていることを明かして話題になったばかり。そんな健康状態が良くない中、ある感動のエピソードを届けてくれた。


参考記事:声の調子が良くないにも関わらずNY公演に出演したSZA。ツイートで不満を連投、真相はいかに



母校のためにライブパフォーマンス&スピーチ


6月初め、彼女は米・ニュージャージー州メイプルウッドにある自身の出身校に姿を現し、ライブを敢行。代表曲である「The Weekend」を披露した。



興奮した生徒たちは、携帯片手に彼女とシンガロングしている。その声援に、本人の歌声が聞こえないほど。 


今回、彼女が母校を訪れたのは、校内のホール・オブ・フェイムに選出されたことで、有名人として殿堂入りするための就任式に出席するためだったそう。過去に、グラミー賞受賞経験のあるR&Bシンガー・Lauryn Hill(ローリン・ヒル)もこの高校出身で、同様に殿堂入りを果たしており、SZAで二人目だということだ。



勇気を与えてくれるスピーチに心震える


彼女は自身の高校時代や夢を叶えた現在について、生徒たちに語りかけた。



彼女が高校生だった頃は「プロムにデート相手がいないほど嫌われてたし、いじめられてた」そう。


「ここでは、ほんと嫌なことがあったけど、失敗するからこそいいことに目を向けられるって思ってた。グラミーに5部門もノミネートされて、ひとつも受賞できなかったけど、大切なのはそれだけじゃない。(音楽配信サービスで)10億ストリーミングも達成できたし、賞を受けた人よりも私の方がアルバムの売上数は多い」と、困難に直面したときの彼女なりの処世術を学生に教授した。


また、夢を追い続けてほしいと願いを伝えた上で、そのために必要不可欠な考えについてこう説いた。「自分を信じることからすべては始まるの。たとえ周りの人間に自信を持つには早すぎるといわれても、めげないで」


彼女が好きだったというこの高校の美術担任に賛辞を贈りつつ、「夢を見ることは本当の自分だったり、自身の内面をちゃんと見つけること」だと、力説している。


自身が通う学校に、まさにアメリカン・ドリームを実現したビッグスターが訪れるなんて、どれほど夢見心地な気分なんだろう。生徒たちにとってはこの上ない至福のときだったにちがいない。この経験がきっかけで、SZAのようなスーパースターが現れるかも…


written by Kenji Takeda


source: http://www.dazeddigital.com/music/article/40254/1/sza-performs-at-her-old-high-school-and-gives-a-motivational-speech

https://pitchfork.com/news/watch-sza-perform-give-motivational-speech-at-her-high-school/

https://pagesix.com/2018/06/04/sza-performs-after-getting-voted-into-her-high-schools-hall-of-fame/

photo: SZA Facebook

SHARE