人気急上昇中のアーティストSZAがChampionとコラボコレクションを発表。「Puck Flastic」の意味とは?

世界的なアンチ・プラスチック運動に次世代の歌姫が参入。売り上げは全て慈善団体へ寄付される。
SHARE
2018.08.17 03:30

SZAが新しいクロージング・レーベルをローンチ


Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)も所属するレーベル、Top Dawg Entertainment所属のシンガーSZA(シザ)が自身のInstagramにて新しいアパレルライン「CTRL Fishing Co」を発表した。Champion(チャンピオン)とコラボしリリースされたラインアップでは胸に「Sustainability Gang」とデザインされており「Sustainability=持続可能性」の意味であることから、地球環境を考えたアパレルラインであるようだ。


値段や販売時期など詳細は明かされていないが彼女のInstagramストーリーによれば間も無く発表されるとのこと。全ての利益は海を守る慈善団体に寄付されるとしている!




公開されたラインアップ


SZAのInstagramではChampionとのコラボである青のフーディが公開され、コメント欄には「海を守りたい人はいる?」と投稿。次にマルーンカラーのスエットを自身が着ている画像を投稿している。また彼女のニュースを発信するTwitterアカウントでは違うプロダクトが公開されており、タツノオトシゴとクジラの隣に「Puck Flastic」と刺繍されている。”P”と"F"を入れ替えればその意味がわかるように、近年世界中で広がりをみせているアンチ・プラスチック運動にSZAが参入することとなりそうだ!







大手ブランドも宣言するプラスチック廃止


世界的なアンチ・プラスチックの流れが広がる中、すでにスターバックスは2020年までに世界中の店舗でこれまでのストローの使用をやめる方針を発表。マクドナルドでは従来のプラスチック製のストローからリサイクル可能な紙のストローに移行していくようだ。日本でもすでにファミリーレストランを運営する、すかいらーくホールディングスが使い捨てストローの使用を撤廃すると発表しており、国内外食チェーンでは初となっている。


アパレルブランドではAdidas(アディダス)が2024年までにリサイクル可能なプラスチックだけを全ての靴と衣服に使用する計画を発表している。Adidasは同時に社内でのプラスチック製品の使用も撤廃するよう働きかけ、これにより年間40トンものプラスチックを削減できるとしている。



世界的に見るとまだ日本では認知度の低いアンチ・プラスチック運動もSZAのようなアーティストが働きかけてくれれば、ファンを中心に広がりをみせるかもしれない。まずはCTRL Fishing Coからの詳細を待とう!



written by #BsideNews


source:

https://i-d.vice.com/en_au/article/8xbb4b/sza-is-launching-an-anti-plastic-streetwear-label?utm_campaign=global&utm_source=idfbanz

https://money.cnn.com/2018/07/16/news/adidas-using-recycled-plastic-only/index.html


photo: facebooktwitter


SHARE