11年ぶり、ラッパー・プロデューサーのスウィズ・ビーツ、ソロAL発表! ケンドリック・ラマー、J コール、リル・ウェインと共演

数々のヒットを生み出してきたスウィズ・ビーツ。エグゼクティブ・プロデューサーにJ・コールも迎えた渾身のアルバム!
SHARE
2018.11.05 01:00

スウィズ・ビーツが11年ぶりのソロアルバムをリリース!


90年代中盤、それまでのニューヨークサウンドとは違う変則なビートと、単純なキーボード・リフで組みたてられたトラックが強烈なインパクトを持って時代を変えたラッパー/プロデューサーのSwizz Beatz(スウィズ・ビーツ)。2007年にリリースされた『One Man Band Man』以降、ソロとして作品をリリースしていなかった彼が遂に11年ぶりのソロアルバム『Poison』をリリース! 現代のヒップホップファンから往年のスウィズ・ビーツ好きまで満足させる注目の1枚だ。






今回のアルバムにはKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)や今年アルバムリリースのあったLil Wayne(リル・ウェイン)Nas(ナズ)Pusha T(プシャ・T)からDrake(ドレイク)のアルバムにも参加経験のある注目のラッパーGiggs(ギグス)まで幅が広い。


すでにアルバムからMVも公開されているので合わせてチェックしよう! ちなみに、こちらのリル・ウェインとの「Pistol On My Side (P.O.M.S.)」では妻であるAlicia Keys(アリシア・キーズ)もピアノで参加している。




エグゼクティブ・プロデューサーにJ・コールを迎えたわけとは


J. Cole(J・コール)と言えばクラブヒットこそ少ないものの、その世界観が多くのファンに愛され、現在第一線で活躍を続けるラッパーだ。そんなJ・コールの名前はフィーチャリングではなく”エグゼクティブ・プロデューサー”としてスウィズ・ビーツと並んでクレジットされている。その理由についてスウィズ・ビーツはインタビューでこう話していた。


「J・コールは自分にとって若い世代のいいアドバイザーなんだ。俺は若い世代からアドバイスをされることを拒否したりはしない。アルバム用の曲を聴いている時にも、どの曲が収録されるべきか話してくれた。これだけ自分にいいアイディアをくれた人間をクレジットしない理由なんてないよ。俺たちの世代は彼のような若い世代とどう交わっていくのか学ぶ必要があると思う」


DMXにはじまり、Jay-Z(ジェイ・Z)T.I.からA$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)まで世代を超えて数え切れないほどのアーティストをプロデュースしてきたスウィズ・ビーツ。その長年に渡る人気の秘密はインタビューからわかるように、彼の飽くなき探究心によるものなのかもしれない。





10月にはスウィズ・ビーツ、ナズの2人が来日していた!


これまで何回も来日を果たしている親日家のスウィズ・ビーツ(家族とともにプライベートで来るほど)10月にはスウィズ・ビーツが手がけたコラボプロジェクト、ラグジュアリー・ブランド「BALLY」とイギリス人ストリートアーティスト「SHOK-1」との「BALLY x SHOK-1」限定コレクションのローンチイベントが東京で開催された。またイベントに合わせてBALLY 銀座店2階にてSHOK-1の国内初の個展も開催。オープニングレセプションにはナズも来日して参加。その他にもテニスプレーヤーの大坂なおみ、ミュージシャンのMIYAVIなど様々な著名人が出席し、その注目の高さがうかがえるイベントとなった!


また来日の際には「A BATHING APE®」の創業者であり多くのヒップホップアーティストとも親交のあるNIGO®(ニゴ)とも接触していた模様。ニゴは現在m-floのVERBALも所属するHONEST BOYZ®(オネスト・ボーイズ)としても活動しており、なんらかの動きがあるのかも!?





スウィズ・ビーツは今回のアルバムの他に複数のアルバムの用意ができていると9月の時点で語っていた。「インターナショナルなアーティストともコラボしていきたい」と語っていただけに、日本はもちろん、アジア圏のアーティストとの曲も収録されるのではと期待してしまう。今回の『Poison』を皮切りに2019年もスウィズ・ビーツの名前を聞く機会が多くなりそうだ!





written by #BsideNews


source:

http://www.xxlmag.com/rap-music/new-music/2018/11/swizz-beatz-poison-album/

https://www.okayplayer.com/music/swizz-beatz-poison-album.html


photo: facebookinstagram


SHARE