Travis Scott(トラヴィス・スコット)はスポンジボブの演出で登場!今年も見どころ満載だったスーパーボール・ハーフタイムショー

トラヴィスの他にもMaroon 5(マルーン5)、Outkast(アウト・キャスト)のBig Boi(ビッグ・ボーイ)が出演し、会場を盛り上げた。
SHARE
2019.02.04 06:35

今年も見どころ満載!NFLスーパーボウルのハーフタイムショー


アメフトファンにとって最大のイベントであるNFLの優勝決定戦であるスーパーボウル(Super Bowl)。ジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催されたアメリカンフットボールの試合はニューイングランド・ペイトリオッツが2年ぶり6度目の優勝で幕を閉じたが、アメフトに関心が薄い人でも毎年気になるのは試合中行われるハーフタイムショーだ。





昨年はジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)、2017年はレディー・ガガ(Lady Gaga)、2016年にはコールドプレイ(Coldplay)、ビヨンセ(Beyoncé)そしてブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が出演するなど、毎年豪華なラインアップが話題となっている。


そして今年のハーフタイムショーではマルーン5(Maroon 5)に加え、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、そして地元アトランタを代表するヒップホップデュオ、アウトキャスト(OutKast)からビッグ・ボーイ(Big Boi)がそれぞれ初出演。多くのアーティストが憧れる夢の舞台でパフォーマンスを披露した!




スポンジ・ボブのアニメーションで登場したトラヴィス・スコット


アーティストのラインアップはもちろん、その演出の規模の大きさも流石はNFLの祭典と言える豪華さ。トラヴィス・スコットはビルボード1位にもなった自身のヒット曲「Sicko Mode」をパフォーマンスする際、アメリカの人気テレビアニメ、スポンジ・ボブのアニメーションを使って登場。「Sicko Mode」のイントロをスポンジ・ボブのキャラクターが演奏するシーンがとても印象的!


実はトラヴィス・スコットとスポンジ・ボブにはちょっとした関わりがある。ビルボード1位となり、全ての収録曲もランキング入りを果たした2018年最大のヒット・アルバムであるトラヴィス・スコットの『Astroworld』。実はそのアルバム・ジャケットで描かれたトラヴィス・スコットの頭の部分が、スポンジ・ボブに登場するイカルドというキャラクターの家にそっくりなのだ。


その事を意識しての今回の演出だったのか?SNS上でミーム化された話題を使って登場したトラヴィス・スコットに、会場は大盛り上がりだった模様。






出演をキャンセルさせる署名も


そんな華々しい舞台であるハーフタイムショーだが、今年出演したアーティスト達に対して疑問視する声も上がっていた。マルーン5の出演に対してはキャンセルさせるよう署名運動が起こり、トラヴィス・スコットの出演にもラッパー、ジェイ・Z(Jay-Z)が苦言を呈していた。


その理由は度々ニュースでも取り上げられてきた元NFL選手のコリン・キャパニック(Colin Kaepernick)をサポートするもの。アメリカで問題となっている、警官の黒人に対する不当な暴力に抗議して国歌斉唱の時に跪いたコリン・キャパニックは、その抗議行動を理由にNFLから不当に排除されたとのだと訴えるアーティストも多い。


そんな中試合前に国歌斉唱を行なった地元アトランタ出身でグラミー賞も受賞している黒人女性歌手、グラディス・ナイト(Gladys Knight)はこう語っている。


「私はコリン・キャパニック選手が警察の暴力と正当な正義について抗議している事をわかっています。その上で今回の国歌斉唱が私たちを今まで以上に強く結びつけ、この問題が解決に向かう事を祈っています」




前述した問題もありNFLの人気低迷が危ぶまれているが、今年のハーフタイムショー以降も議論が高まりそうだ。ファンはもちろん、アーティスト達も楽しみにしている大舞台であるスーパーボウル。来年は快くパフォーマンスができる環境となっていて欲しい!



written by BsideNews


source:

https://pitchfork.com/news/watch-the-super-bowl-2019-halftime-show-with-maroon-5-travis-scott-and-big-boi/


photo: facebookfacebook2facebook3youtube



SHARE