フジロック、サマソニ、夏フェス出演アーティストを最新ライヴ動画で予習しよう!

4月に開催されたコーチェラでのパフォーマンスをハイライト動画でふりかえり、今夏の来日に備えておこう。
SHARE
2019.05.06 02:00

4月に開催されたコーチェラ2019では、同フェス史上、2週に渡りライヴストリーミングが行われ、日本でもその配信でフジロック、サマソニへの出演を控える人気アーティストのライヴの様子をチェックしたという人も少なくないだろう。



YouTubeで配信されたライヴ映像は現在では視聴することはできないが、実はコーチェラのYouTubeチャンネルは配信直後からコンスタントに今年の出演アーティストのライヴ映像のハイライト動画を公開し続けており、ヘッドライナークラスなら2日目のヘッドライナーを務めたTame Impala、3日目のヘッドライナーを務めたAriana Grandeの動画を視聴することができる(5月3日現在)特にAriana Grandeは、話題になった'NSYNCとのコラボパフォーマンスやヒット曲「thank u, next」が公開されているので、配信を見逃したという人はこの機会にチェックしておくべし。 


Janelle Monaé - 『Dirty Computer』の世界観がどのように表現されるのかに注目 

フジロック2019 / 7月26日(金)出演 


今夏来日するアーティストではまずフジロックに出演が決定しているJanelle Monaéのライヴ動画をチェックしておきたい。コーチェラでは大勢のパフォーマーや衣装チェンジ、玉座などの舞台装置を使い、昨年リリースしたアルバム『Dirty Computer』の世界観をスペクタクル感溢れるパフォーマンスで再現。公開されているハイライト動画では、特に多くの観客を魅了した自らギターを弾きながら歌う「Make Me Feel」のパフォーマンスは見逃せない。先述のアルバムにも参加している故Princeの「Kiss」を思わせるファンキーなポップチューンがどのような形でフジロックで披露されるのか今から楽しみでならない。




BLACKPINK - コーチェラで見せた世界を魅了するパフォーマンスに期待 

サマーソニック2019(東京のみ)/ 8月18日(日)出演 


現在、BTSをはじめとしたK-POP勢が世界のポップミュージックシーンを席巻する中、K-POPのガールズ・グループとして初めてコーチェラのステージにたったBLACKPINK。今年4月には新曲の「Kill This Love」が大ヒット、特にYouTubeではそのMVが投稿からわずか3日程度で1億再生回数を突破したこともあり、コーチェラ出演前に大きな弾みをつけていた。そんな彼女たちのパフォーマンス動画は人気曲の「DDU DU DDU DU」、「As If It's Your Last」に加えて先述の「Kill This Love」の3曲分が公開されている。4つ打ちのダンスナンバーからトラップまでを披露する彼女たちだが、注目はバックバンドによるそれらの音源の生演奏。サマソニでもそのバンドサウンドからくるダイナミックなパフォーマンスが披露されることに期待したい。



The 1975 - ロックだけでなく、クラブミュージックファンにも刺さる楽曲が魅力 

サマーソニック2019 / 東京 8月16日(金)大阪 8月18日(日)  


イギリス音楽の聖地のひとつ、マンチェスター出身のロックバンド、The 1975も今年のコーチェラではファンが求める圧倒的にエネルギッシュなパフォーマンスを見せつけた。バンドは昨年、傑作と名高い最新アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリースし、今夏の夏フェス出演も熱望する声も多かっただけにサマソニ出演決定はファンにとっては朗報でしかないはず。そんな彼らの最新アルバムは、実はダンスミュージックファンが聴いても楽しめるダンサブルなクラブサウンド寄りの曲も多いのが特徴だ。例えば、「TOOTIMETOOTIMETOOTIME」は、The 1975流のダンスホール「How to Draw / Petrichor」はUKGといったようにダンスミュージック的なアプローチにも取り組んでいる。なお、コーチェラのハイライト動画では踊れるインディーロックといった感じの「It's Not Living」が公開されている。サマソニではロックファンだけでなく、クラブミュージックファンも是非彼らに注目してほしい。




Khruangbin - 刺激的なほどにチルなサウンドはマストチェック! 

フジロック2019 / 7月28(日) 


60〜70年代のタイ音楽や東南アジアのポップ・ミュージックに影響を受けた独特のチルさとファンク、ソウルの要素が結びついたメロウなサウンドで現在注目を集めているアメリカの3人組バンド、Khruangbin。今年3月には初来日ツアーを行い、その唯一無二のエキゾチックサウンドを聴くために多くの日本のファンがこぞって会場に詰めかけ、東京では追加公演も行われるほどの盛況ぶりだったことも音楽ファンの間で話題に。そんな彼らはコーチェラでもそのもはや刺激的なほどにチルなサウンドで会場をロック。ハイライト動画ではサイケで脳を揺らすギターと腰にくるファンキーなベースラインが観客を大いに盛り上げた「Evan Finds The Third Room」が公開中。なお、この曲が収録された昨年のアルバム『Con Todo El Mundo』では先述の東南アジア要素だけでなく中東やメキシコ音楽も加わえられており、より越境的なサウンドになっている。生音によるファンク、メロウでチルなサウンドを求めている人は、フジロックではKhruangbinに注目してみてはいかがだろうか?



なお、コーチェラの公式YouTubeチャンネルにはほかにもフジロックに出演する韓国のロックバンドHYUKOH、サマソニに出演するSofi Tukkerや、昨年サマソニに出演し、現在はデビューアルバムの世界的な大ヒットで話題になっているBillie Eilishのハイライト動画も公開されている。気になった人はあわせてチェックしておこう。 


written by Jun Fukunaga

source:

https://consequenceofsound.net/2018/02/prince-was-heavily-involved-in-janelle-monaes-forthcoming-dirty-computer/

https://www.engadget.com/2019/04/08/youtube-blackpink-music-video-100-million-view-record/


photo: Coachella Twitter




SHARE