Spotifyがインタラクティブなライブオーディオサービス「Spotify Greenroom」の提供を開始!

ユーザーはオーディオライブの様子をアーカイブとして配信するための録音機能なども利用できる。
SHARE
2021.06.17 09:00

Spotifyが、新たにClubhouseやTwitter「Spaces」のライバルとなるライブオーディオサービス「Spotify Greenroom」の提供を開始した。現在はSpotifyのアカウントを持っていれば、135以上の国と地域でiOSとAndroid向けの専用アプリをダウンロードすることで無料で利用できる。 



ライブテキストチャットやオーディオライブのアーカイブ配信も可能


「Spotify Greenroom」は、競合サービスのClubhouseと同じように、ユーザーは自分のライブオーディオルームを開設したり、ほかのルームに参加することができるほか、好きな時にオン/オフできるライブテキストチャット機能やオーディオライブの様子をアーカイブとして配信するための録音機能も利用できる。


「Spotify Greenroom」の提供は、今年3月にSpotifyが、主にスポーツに特化した音声ライブサービス「Locker Room」を買収したことに伴うもので、Spotifyらしさを加えたいという考えから、今回の発表にあわせて「Locker Room」から「Spotify Greenroom」にサービスの名称が変更されている。

 Spotifyは「Spotify Greenroom」について、「今後も、クリエイターやリスナーが求めるライブオーディオ体験について理解を深めながら、Spotify Greenroomを進化させていきます」と述べており、Locker Roomの強みであったスポーツコンテンツに加えて、音楽、カルチャー、エンターテインメントなどをテーマにした新番組をこれから提供していく予定だ。



ライブオーディオクリエイターの収益化も視野に


さらに「Spotify Greenroom」で、ライブオーディオクリエイターの収益化を支援するために「Spotify Creator Fund」を開始することも発表している。


現時点では、対象となるのはアメリカ在住のユーザーのみだが、興味のあるユーザーは、専用フォームにサインアップしておくと今夏のプロジェクト開始時に詳細情報を受け取ることができるという。


最近ではTwitterが「Spaces」をスタートさせたほか、Facebookも今年4月に同様のサービス「Live Audio Rooms」を今夏までに開始することを発表するなど、Clubhouse以降、こういったライブオーディオサービスが増加している。


「Spotify Greenroom」アプリのダウンロードはこちらのリンク先にて。


written by Jun Fukunaga


source:

https://www.spotify.com/jp/greenroom/

https://spotifynewsroom.jp/2021-06-17/get-to-know-some-of-the-features-in-our-live-interactive-audio-offering-greenroom/


photo: Spotify




SHARE