今年はドレイク、アリアナ・グランデの時代だ! Spotifyで2018年に最も聴かれたアーティストランキング

男性ではドレイク、女性ではアリアナ・グランデがトップに! グループ部門ではBTSがK-POPで初ランクインを果たす
SHARE
2018.12.05 10:00

Spotifyによるベスト・オブ・2018が発表!


12月に入り、今年もいろんな音楽を聴いたなと思い出を振り返る時期だが、大手ストリーミング・サービスのSpotifyが、2018年に全世界で最もストリーミングされたアーティストや楽曲のランキングを発表した。


ジャンル別に見るとヒップホップは今年も各種ランキングに名を連ね、2017年より世界的ブームともなっているラテンミュージックも引き続きその勢いを保っている。またポッドキャストや懐かしの曲ランキングも発表されており、今年の音楽的傾向を幅広くチェックすることができるので、ランキングを元に2018年を振り返ってみよう!





ドレイク、アリアナ・グランデがトップに!


Spotify史上最も再生されたアーティストでもあるドレイク(Drake)がストリーミング・ランキングで堂々の1位に輝いた。ドレイクは2018年だけで82億回再生という驚異的な数字を叩き出し、6月にリリースされたアルバム『Scorpion』、そしてアルバムに含まれているシングル「God's Plan」はそれぞれアルバム/シングルチャートでもトップに。特に「God's Plan」は全米で11週連続1位、MVの再生回数も9億回に届きそうな勢いで今年を代表する曲として来年以降も語られるだろう!



女性アーティストでは8月にアルバム『Sweetener』をリリースしたアリアナ・グランデ(Ariana Grande)が1位にランクイン。アリアナ・グランデは最新シングル「thank u, next」を含む多くのシングルがランキングに入っており、2018年だけで合計30億回以上の再生回数となった。




BTSがK-POPアーティストとして初の快挙!


アジア勢で活躍を見せたのがK-POPアーティストのBTS(防弾少年団)。ロック・バンド、イマジン・ドラゴンズ(Imagine Dragons)に首位を奪われたものの、ミーゴス(Migos)、マルーン5(Maroon 5)といった人気グループを抑え、世界で最も再生されたグループとして2位につけた。これはK-POP人気が韓国、日本国内だけでなく世界に広がりをみせている何よりの証拠だ! ちなみにBTSは日本国内の最も再生されたアーティストではONE OK ROCKを抑え、1位となっている。




日本では「平成最後の〜」が合言葉となった2018年。日本国内で最も再生されたプレイリストでは「平成ポップヒストリー」が1位になるなど、今年1年だけでなく、ひとつの時代を音楽で振り返るには最適な年末となるのではないだろうか。



written by #BsideNews


source:

https://newsroom.spotify.com/2018-12-04/the-top-songs-artists-playlists-and-podcasts-of-2018/


photo: facebooktwitter


SHARE