Spotify『RADAR:Early Noise 2021』に(sic)boy、LEXら選出。国内アーティストを海外にも紹介

これまでもOfficial 髭男dismやKing Gnuも選ばれた、注目の次世代アーティストを紹介する『RADAR:Early Noise 2021』に、LEXや(sic)boyら10組のアーティストが選出された。
SHARE
2021.01.15 12:00

Spotifyが2021年に躍進を期待する次世代アーティスト「RADAR:Early Noise 2021」を発表した。国内5年目の今年はグローバルプログラム「RADAR」との連携を強化し、注目のネクストブレイクアーティスト10組を日本のみならず世界の音楽ファンにも紹介している。





block.fm注目のLEX・(sic)boyら気鋭のアーティストが選出。「RADAR:Early Noise 2021」発表


世界で3億2,000万人以上のユーザーが利用するSpotifyは、2021年に飛躍が期待される注目の新進気鋭・国内アーティスト10組を「RADAR:Early Noise 2021」として選出した。


2017年に日本でスタートした「Early Noise」は、Spotifyが注目する次世代アーティストを毎年年初に発表し、その魅力をプレイリストやショーケースライブなどで一年を通じて継続的に音楽ファンに紹介するSpotifyの新人ポートプログラム。これまでに、あいみょん、Official 髭男dism、King Gnu、ビッケブランカ、Vaundy をはじめとする様々なアーティストがピックアップされている。


5年目となる今年、世界各地の多様な新進アーティストをピックアップし、世界3億人以上の音楽リスナーに紹介する目的で2020年3月にスタートしたグローバルプログラム「RADAR」との連携を強化。新たに「RADAR:Early Noise 2021」として名称を改め、グローバルプログラムと連携することで、気鋭の国内アーティストの作品を、国内のみならず海外のリスナーにも積極的に届けていくというミッションを掲げている。


2021年の選出アーティストは以下の通り


<RADAR:Early Noise 2021  選出アーティスト>    ※50音順                                                              

 • 映秀。

 • カメレオン・ライム・ウーピーパイ

 • (sic)boy

 • Doul

 • chilldspot

 • Tokimeki Records

 • にしな

 • PEOPLE 1

 • macico

 • LEX





LEXや(sic)boy、block.fmでもお馴染みのアーティストがピックアップ


『RADAR:Early Noise 2021』選出アーティストではblock.fmでもたびたび紹介・登場しているLEXや(sic)boyといったアーティストも選出された。




LEXはYANATAKEと渡辺志保がナビゲートするblock.fmのヒップホッププログラム「INSIDE OUT」で早くから注目され、2019年に初出演。先日放送された毎年の総括企画、「INSIDE OUT AWARDS」では2020年版で「NEW ARTIST OF THE YEAR」、「STAR」のMVが「VIDEO OF THE YEAR」の二部門で選ばれた。2月から行っていた初のツアーはコロナ禍によって中止を余儀なくされたが、8月には3rdアルバム『LIFE』をリリース。JP THE WAVY、OZworld、MIYACHI、C.O.S.A.、ACE COOL、Fuji Taitoなど、さまざまなアーティストをフィーチャーした大作アルバムでインパクトを与えた。以後もTokyo Young VisionのHideyoshiを迎えた「PAPA」をリリースするなどその動きはコロナ禍においても常に活発である。




(sic)boyは2020年、KMのプロデュースのもと1st EP『(sic)’s sense』をリリース。畳みかけるようにリリースされた「Akuma Emoji」、「Heaven’s Drive feat. vividboooy」含むフルアルバム『CHAOS TAPE』を完成させ、躍進を遂げた。block.fmでもKM・(sic)boyの両者に『CHAOS TAPE』を切り口としてKMと(sic)boyの信頼関係、制作プロセス、音楽観についてフォーカスしたインタビューを行っている。


▶関連記事

独自の存在同士の共鳴が生む混沌。 (sic)boy&KM『CHAOS TAPE』インタビュー


12月には渋谷 SOUND MUSEUM VISIONでKMがレジデントを務める『STEREO WAVE』にて念願のリリースパーティが行われ、2020年の締めくくりにふさわしいパフォーマンスを披露した。KM・(sic)boyの所属するadd.some labelsはblock.fmプログラム「ADD.SOME RADIO」を放送中だ。




その他にも、多様かつグローバルな資質と感性を持ったアーティストが選出。カメレオン・ライム・ウーピーパイのように、楽曲はもちろんMVなどヴィジュアルのディレクションまでを自らが手掛けアイデンティティを確立するアーティストや、Doul、chilldspotなど2000年生まれ以降の若い世代のアーティストで、さらにmacicoやTokimeki Recordsのように国内外のプレイリストでピックアップされすでに海外で評価されているアーティストたちが顔を並べている。Spotifyは「RADAR:Early Noise 2021」アーティストの発表に合わせ、彼らの曲を集めたプレイリストと特設コーナーを公開した。選出アーティストのプロフィールとともに、そのポテンシャルを爆発させている気鋭の才能たちの楽曲を楽しんでみては。




 「RADAR:Early Noise 2021」プレイリストURL: https://spoti.fi/EarlyNoiseJapan

 「RADAR:Early Noise 2021」コーナーURL:http://spoti.fi/EarlyNoiseHub



▶Early Noise 2021 アーティスト紹介


映秀。




2002年3月17日生まれ O型 大学1年生。 高校時代から作詞作曲を始め、レールが引かれていないから、そこには挑戦できないって諦めている人とか。 その人たちの肩を押してあげたい、そのきっかけになることを目指し、今日も歌い続けている。 正解か不正解か、0か1かではない。 こんな考え方/生き方だって正解だと、身を持って証明し、世の中に、人に、“別解”を気づかせてくれるアーティスト。それが、映秀。です。 

https://eisyu0317.com/




カメレオン・ライム・ウーピーパイ




Chi-によるソロプロジェクト〈カメレオン・ライム・ウーピーパイ〉。オレンジの髪が特徴的なChi-。そして仲間にWhoopies1号・2号がいる。作詞や作曲、レコーディングはもちろん、映像もアイデア出し、小道具を集めるところから、撮影、編集までありとあらゆるものを全て3人のみで手掛け、常に新しいクリエイティヴを生み出し続ける次世代型アーティスト。

2019年末に1stシングル「Dear Idiot」を配信リリースすると、瞬く間に日本のみならず、世界中のリスナーから注目を集める。その後のリリース楽曲も、各ストリーミング・サイトで軒並みピック・アップされ、半年で総再生回数100万回突破のバイラル・ヒットを記録。国内外のレーベルから、問い合わせが殺到。ネットには、彼らの素性と活動の全貌を知りたいという声が溢れる。

懐かしくも、新しい、既存のルールに囚われない、”ネガティヴ・ポップ“という新たなジャンルをカメレオン・ライム・ウーピーパイは体現している。



(sic)boy




オルタナティブ、エモ、ラウドロックの要素やJ-ロックにみられるメロディアスなフローをヒップホップに落とし込んだ既存の音楽ジャンルに属さないスタイルで稀有な存在感を放つ(sic)boy。

2019年にSoundCloud上で公開された楽曲の強度の高さが話題を呼び、活動をスタートさせてから1年余りで合計再生回数160万を突破。

2020年2月にトラックメーカー/プロデューサーKMとのコラボEP『(sic)’s sense』をリリース、4月にリリースされた配信シングル『Akuma Emoji (Prod.KM)』でヒップホップとJ-ロックの融合を見事に体現し、両ジャンルにおいて注目の新鋭としての地位を確立した。

10月にはSpotify再生回数460万を超え2020年を代表するアンセムとなった配信シングル『Heaven’s Drive feat.vividboooy (Prod.KM)』を含む待望の1stアルバム『CHAOS TAPE』をリリース。東京の街のカオスさをテーマに、独自のミクスチャー感覚で表現された“ジャンル東京”と称される本作品は業界内外から高い評価を獲得した。



Doul




17歳のアーティスト”Doul(ダウル)”。日本/福岡在住。2020年9月のデビュー曲[16yrs]がSpotifyでいきなり世界90ヵ国で再生され、約9,000のプレイリスト入り。 作詞・作曲はもちろん、演奏・編曲・トラックメイキング、スタイリング・アートワーク・映像のディレクションまで、”Doulブランド”の総合プロデュースを自身で行う生粋のアーティストです。アジアだからこそ生まれた、この時代だからこそ育った、ボーダレス/混血の才能。そしてYouTube、サブスク世代の彼女は60年代~2021年の音楽・ファッション・アートを自由に、無意識に飛び回わり、年代・ジャンル・国境・性別を軽やかに飛び越えます。彼女から生み出される楽曲・アート/ヴィジュアルワークは懐かしくも新しい違和感を含んでいます。 https://linktr.ee/Doul



chilldspot (チルズポット)




メンバー全員2002年生まれ。東京都出身の現役高校生4人組みバンド。2019年12月に結成し活動開始。2020年11月1stEP『the youth night』を高校在学中にリリース。高校1年の頃初めて作曲した「夜の探検」を含む全7曲を収録。

年齢とは裏腹にシティポップ以降の空気を彷彿させる洗練された楽曲から、10 代らしい力強いロック調の楽曲まで、今の世代ならではの1つのジャンルに囚われない楽曲の数々が、幅広い層から注目を集めている。さらに初作品にも関わらずJ-WAVE TOKIO HOT100やSpotifyバイラルトップ50にチャートイン。

作詞・作曲も担当するVo.比喩根から自然と溢れ出すグルーヴと、異なる音楽ルーツを持つメンバー全員で形造る楽曲は、なぜか中毒性があり、一瞬で彼女らの渦に飲まれる。グルーヴとジャンルレスな感覚で自由に遊ぶネクストエージ。



Tokimeki Records




都会の夜の帳を舞台に、ノスタルジーな音楽を手がける音楽プロジェクト。2019年の夏の終わり。80-90年代の邦・洋楽の名曲群をカバーするプロジェクトとして活動が始まる。Mimeのヴォーカリストでもある”ひかり”、”Hannah Warm”をはじめとした日本人シンガー・Marian Carmel、Froyaといったアジアのシンガーを起用。2020年6月、竹内まりや「Plastic Love」、中森明菜「OH NO, OH YES!」を収録した7インチレコード「OH NO,OH YES!」は、注文前から問い合わせが殺到し即日完売。オリコンチャート30位に7インチレコードでチャートイン。Spotifyにおいては、カイリー・ミノーグのカバー「Turn It Into Love」がアジア9カ国のNew Music Fridayにセレクトされる。シンセを強調したエレクトロ・ブギーなサウンドとソウルフルで官能的な歌を歌うシンガーによってアダルトでメロウな官能的な夜に繰り広げられるストーリーを音楽で表現している。

https://namyand.com/artists/tokimeki-records/



にしな




新時代、天性の歌声と共に現れた新星、「にしな」。やさしくも儚く、中毒性のある声。どこか懐かしく、微睡む様に心地よいメロディーライン。無邪気にはしゃぎながら、繊細に紡がれる言葉のセンス。穏やかでありながら、内に潜んだ狂気を感じさせる彼女の音楽は、聴く人々を徹底的に魅了する。ゆっくりとマイペースにリスナーを虜にしてきた彼女の声と音楽が、静かに、そして、より積極的に世の中へと出会いを求めに動き出す。2021年最重要ニューカマー、「儚さと狂気」を内包する才能が、ここに現る。




PEOPLE 1




東京を拠点に活動する音楽家 Deu(Vo, G, B, Other)が、Takeuchi(Dr)、Ito(Vo, G)と共に結成したバンド「PEOPLE 1(ピープルワン)」。2019年12月、1st EP『大衆音楽』の発表と同時に活動を開始。2020年9月、2nd EP『GANG AGE』を発表。2020年12月25日には、デジタルシングル「113号室」をリリース。Deuが手掛けるジャンル横断的かつ文学的な楽曲と、独創的な世界観を表現したミュージックビデオ/アートワークは、「中毒性がある」「エモい」「レトロ」とインターネット上で話題を集めており、2020 年 12 月時点でYouTube で公開されたミュージックビデオの総再生回数は 400 万回、コメント数は 8,000 件を超えている。



macico




日本・東京都内を中心に活動する 3 人組音楽グループ。J-POP を主軸にクラブ、ラウンジ、R&Bをはじめとする様々なジャンルの要素を取り入れたアーバンかつ流麗なサウンドが特徴。2020年9月から11月にかけて、配信シングル「aloe」、「coin laundry / alcohol」、「hanataba」を連続リリースし、Spotifyの「日本バイラルトップ 50」にて、インディーズでの活動ながら最高順位10位にランクイン。また、Spotify 公式プレイリストでは、「Early Noise Japan」「Spotify Japan 急上昇チャート」「Tokyo Rising」「Next Up」など、数万人のリスナー登録者がいる様々なプレイリストに セレクトされる。楽曲制作については、コロナ禍の状況下でメンバー各自が自宅で録音、ミックス、マスタリングまでを手がけており、アートワークのデザイン制作、広告・宣伝活動についても全て自分たちの手で実施している。



LEX




神奈川県湘南エリア出身、2002年生まれのヒップホップ・アーティスト。14歳からSoundCloudに楽曲をアップロードしはじめ、2019年4月、16歳のときにファースト・アルバム「LEX DAY GAMES 4」で彗星のごとく現れた。Red Bullサイファー「RASEN」への出演や爆発的なライブ・パフォーマンスなどで、たちまち注目を集めていく。2019年12月にセカンド・アルバム「!!!」を発表し、初のツアーを敢行するもコロナの影響で中止に。2020年はコロナ禍でも「NEXT」EPの緊急リリースやオンライン・ライブの実施など積極的に活動し、8月には15組のゲストを招いたサード・アルバム「LiFE」を発表。天性のメロウボイスと、攻撃的な楽曲とのギャップ、感情むき出しのリリックがユース世代を中心に熱狂的な支持を得ている。


written by Tomohisa Mochizuki





SHARE