次世代の歌姫、Summer WalkerとH.E.R.が主要部門で受賞! Soul Train Music Awards 2019開催

毎年11月に開催される伝統あるアワードが認めた歌姫たち。ソロ部門ではKhalidも受賞。
SHARE
2019.11.21 07:00

アメリカのケーブルテレビチャンネル「BET」が毎年主催するブラックミュージックの祭典『Soul Train Music Awards』が今年も開催された。注目はアルバムリリース直後のSummer Walker(サマー・ウォーカー)そして今年のグラミー賞でも2部門受賞したH.E.R.(ハー)の躍進だ。主要部門の受賞結果を紹介しつつ振り返ろう。





新人賞はSummer Walkerが受賞!


10月にリリースされたデビューアルバム『Over It』がここ日本でも大人気のSummer Walker。彼女は2018年にもメジャー契約前のアルバム『Last Day of Summer』をリリースしており、受賞のタイミングとしてはこちらのアルバムがより評価されたのではないだろうか。自ら「King Of R&B」に名乗りを挙げた21歳のシンガー、YK Osiris(YK・オサイラス)ら注目の新人を抑えての受賞はSummer Walkerが名実共にビッグアーティストの仲間入りを果たしたことを意味する。


また彼女のアルバムにも参加し、これまでにPost Malone(ポスト・マローン)やNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)といった大物をプロデューサーしてきたLondon on da Track(ロンドン・オン・ダ・トラック)は「新たなQueen Of R&Bだ」と太鼓判を押している。Drake(ドレイク)も認めたSummer Walkerはこれから更に活躍してくれるだろう!






H.E.R.とKhalidがベスト・アーティスト賞に


2017年の『Soul Train Music Awards』では新人賞を獲得したH.E.R.。あれから2年が経ち、今年のグラミー賞では2部門の受賞を果たした彼女がベスト・フィメール・アーティストに選ばれた! しかもノミネートされていたライバル達はBeyoncé(ビヨンセ)、Mary J. Blige(メアリー・J. ブライジ)そして「Truth Hurts」がビルボードチャートで快進撃を見せたLizzo(リゾ)と大物ばかりの中での受賞だ。R&B、ソウルミュージックに特化したアワードでの受賞は彼女にとって意味のあるものだろう。そして先に紹介した新人賞を獲得したSummer Walkerもノミネートされていたことも忘れてはならない。


男性アーティストではKhalid(カリード)が選ばれた。2018年のグラミー賞では5部門にノミネートされ、来日も果たしている彼はまだ21歳。H.E.R.も22歳とあって男性、女性ともに若いアーティストが選ばれたことはR&B界に才能溢れる新人アーティストが次々と登場している証拠! 来年以降も目が離せない。





Lizzoはベスト・アーティストこそ逃したものの今年4月にリリースされたアルバム『Cuz I Love You』でベスト・アルバム賞、同アルバムに収録されている「Juice」でベスト・ビデオ賞をそれぞれ受賞。女性アーティストの活躍が目立つ中でChris Brown(クリス・ブラウン)はDrakeをフィーチャリングに招いた「No Guidance」がベスト・ダンス・パフォーマンス賞、ベスト・コラボレーション・パフォーマンス賞の2部門で受賞した。「No Guidance」はリリースから数週間後にMVが公開されて以来、チャートでも上位をキープ。ベスト・アーティスト賞ではKhalidに敗れたものの流石の人気ぶり!


来年の『Soul Train Music Awards』では誰が受賞するのか、楽しみにしておきたい。



written by BsideNews


source:

https://www.bet.com/shows/soul-train-awards.html

https://hiphopdx.com/news/id.53508/title.london-on-da-track-declares-summer-walker-the-new-queen-of-rb


photo: YouTubebet.com





SHARE