大沢伸一が“猫の音”を一般から募集し、キャットフードブランドのテーマソングをアレンジ

愛猫家としても知られる音楽プロデューサー大沢伸一が、 一般公募による‟猫の音”を活用した楽曲アレンジを行う事が発表された。
SHARE
2020.09.03 04:30

21日、愛猫家としても知られる音楽プロデューサー大沢伸一が、 一般公募による‟猫の音”を活用した楽曲アレンジを行う事が発表された。 

 

大沢は音楽家・DJ・プロデューサーとして幅広い活躍を見せており、自身が参加するMONDO GROSSOでは女優・満島ひかりが歌う「ラビリンス」MVが2,500万回以上再生されたほか、話題となったアニメ「BANANA FISH」や映画「DINER」などのサントラも手掛けるなど注目作品に多数携わっている。


 

また、実は公私ともに‟猫好き”を公言している大の愛猫家でもあり、現在自身でも2匹の猫を飼っているほか、以前は保護ネコ活動にも参加をしたり、2019年にはJ-waveの企画「ねこの日」において坂本美雨と『ねこのうた』を制作するなど、様々な猫にまつわるプロジェクトに参加をしている。

 

そして今回、ネスレ ピュリナ ペットケアの猫用フードブランド「フィリックス」 テーマソングアレンジのプロジェクトに参加をすることが8月21日に公表された。

 

本プロジェクトは、「フィリックス」のCMでも使われているテーマ曲『The Entertainer』へ一般より公募された「猫がご飯をねだる様々な音」を効果音などとして楽曲に加えていきながら、大沢が新たなテーマソングへとアレンジをするというもの。

 

21日の公表と合わせ、一般公募による猫の音の募集がスタートしており、早くも猫を飼っている一般ユーザーからの様々な音が応募されている投稿をSNS上で観る事ができる。

 

自身の愛猫の音がテーマソングに登場できるかもしれないという、またとない機会なので、猫を飼っている方は是非応募をしてみては。

  

「フィリックス」のテーマ曲 アレンジプロジェクトHP

(公募は2020年9月17日 23:59まで)

https://nestle.jp/brand/felix/campaign/felixentertainer/





 

【プロフィール】 




大沢伸一(MONDO GROSSO)

音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。国内外の様々なアーティストのプロデュース、リミックスを手がける他、広告音楽、空間音楽やサウンドトラックの制作、アナログレコードにフォーカスしたミュージックバーをプロデュースするなど幅広く活躍。2017年14年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム『何度でも新しく生まれる』をリリース。満島ひかりが歌う「ラビリンス」ミュージックビデオが2500万回以上再生されるなど音楽シーンの話題となった。おもなサントラ担当作品にTVアニメ「BANANA FISH」、蜷川実花監督映画「ダイナー」。

現在は新ユニットRHYME SOでリリースを続けている。

https://www.shinichi-osawa.com 





SHARE