Seiho、100年以上続いた炭鉱電車の音を使った楽曲を公開

100年以上続いた炭鉱電車の“音の資産”を未来に残すプロジェクト、SOUNDS GOOD®︎とのコラボレーション楽曲「Sampling - “MITSUI CHEMICALS on SOUNDS GOOD”」が公開に。
SHARE
2020.06.25 04:00

Seihoが、100年以上続いた炭鉱電車の“音の資産”を未来に残すプロジェクト、SOUNDS GOOD®︎とのコラボレーション楽曲「Sampling - “MITSUI CHEMICALS on SOUNDS GOOD”」を公開した。


Seiho · Sampling - “MITSUI CHEMICALS on SOUNDS GOOD”


三井化学株式会社が、大牟田工場(福岡県大牟田市)において三井化学専用線(旧三池炭鉱専用鉄道)を2020年5月末を目途に廃止するとともに、三池炭鉱の時代から現在に至るまで100年以上の長きにわたり活躍を続けてくれた炭鉱電車への感謝と、未来に向けたレガシーとしての活用を検討する「ありがとう 炭鉱電車プロジェクト」を開始。


このプロジェクトの1つのコンテンツである「音の資産」記録化プロジェクトとしてSeihoが制作した楽曲が公開された。


今楽曲は、100年以上続いた炭鉱電車発する「音」を使用して制作され、壮大なスケールで描かれており、これからも人々の心に残っていくであろう炭鉱電車を感じられる一曲になっている。


また、Seihoが楽曲内で使用している炭鉱電車にまつわる音は、ASMR音源としてアーカイブしブランデッド・オーディオレーベルのSOUNDS GOOD®︎が「音の資産」として多くの人に楽しんでもらえるコンテンツとして公開され、サンプリング音源として無料で提供されている。


この公開されている「MIIKE RAILWAY (1891-2020) ISSUE」はSeihoが、実際に福岡県大牟田市の現場まで足を運んで音源の録音からプロジェクトに参加し、炭鉱電車にまつわる音の魅力をアーティスト目線で集音したものだ。


MITSUI CHEMICALS / SOUNDS GOOD® · MIIKE RAILWAY (1891-2020) ISSUE


また、同時に公開されたASMR音源のナレーションもSeihoが担当し今般の新型コロナウィルス感染拡大およびそれに伴う緊急事態宣言の発令を受け、Seihoを含む全ての関係者が自宅からリモートでナレーションを録音する初の試みを行った。


さらには、Seihoが制作した楽曲は今後も「ありがとう炭鉱電車プロジェクト」の取り組みに使用される予定だ。


【Seihoコメント】




大牟田市に行くことすら初めてだった私ですが、丸二日かけて皆さんと炭鉱電車にまつわる様々な音をレコーディングして、駅舎で働く方々と話をして、帰る時には「あぁ、もう廃止になるんだよな。寂しいな。」としみじみしてしまいました。

実際は1.8kmと短い線路ですが、炭鉱を運びその先に繋がっていく世界、廃止になっても地元や工場の方々の記憶の中で走り続ける電車をイメージして曲を作りました。


【三井化学株式会社のコメント】

私たちの記憶と密接に関わっている「音」。普段は何気なく聞こえている環境音も、無くなると案外寂しいものだったりします。今回、100 年以上の長きにわたり大牟田の町中を走ってきた炭鉱電車の廃線により、町の人にとって普段は気にも留めないその音が失われることは、後になって寂しさとともに思い出されることもあると思います。そんな時、ふと聞いてみることで、音だけでなく景色まで伴って色鮮やかに思い出してもらいたいと思い、「音の記憶」を記録化したいと思いました。サンプリングした音を様々なアーティストの方に自由に使ってもらえることは、炭鉱電車が過去の遺産でなく未来に向けたレガシーとして現役で走り続けることを意味します。 

(三井化学 コーポレートコミュニケーション部 松永有理氏)


【関連リンク】

特設サイト

https://jp.mitsuichemicals.com/jp/coalmine_train/


Seiho楽曲「Sampling - “MITSUI CHEMICALS on SOUNDS GOOD”」

https://soundcloud.com/seiho/soundsgood


三井化学のASMR音源 

https://soundcloud.com/mitsuichem_soundsgood

YouTube:

https://www.youtube.com/playlist?list=PLu8hS8yDJGDoSDfFDdOrkkVop_LU37kqa


テーマタイトル : MIIKE RAILWAY (1891-2020) ISSUE


コンテンツタイトル : (日本語タイトル / 英語タイトル)

・車掌室3.6 / Conductor's Cabin 3.6

・大解剖、炭鉱電車100年の音 / A Complete Decomposition, 100 Years of a Coal Mine Train's Sounds

・珍しい踏切と手動の線路切替レバー / A Rare Railway Crossings and a Manual Rail Switching Lever

・宮浦駅のレトロなものたち / Nostalgic Items at Miyaura Station


収録した音源はそれぞれ個別に聞く事も可能で、JK画像の中のQRコードをスマートフォンで読み込むことにより、画像と連携した音を聴取することができる。





【Seihoプロフィール】

大阪出身のアーティスト/プロデューサー/DJ。

米 Pitchfork や米 FADER など多くの海外メディアからのアテンションを受けながら、LOW END THEORY、SXSWといった海外主要イベントへも出演。

国内外問わずアーティストのプロデュースやリミックスを手がける他、ファッションショーや展覧会などの空間音楽、映像作品の音楽プロデュースも行う。

自らもインスタレーション作品を発表するなど、音楽家の垣根を超え、表現の可能性を追求している。

Seiho (セイホー) Official HP:http://seihooo.com/ 

Twitter : https://twitter.com/seiho777

Instagram :https://www.instagram.com/seiho777/

Facebook :https://www.facebook.com/seiho777

SoundCloud:https://soundcloud.com/seiho



【ありがとう炭鉱電車プロジェクトについて】




大牟田工場 (福岡県大牟田市) において原材料の搬入等に使用している三井化学専用線 (旧三池炭鉱専用鉄道) の廃止を予定していること受け、三池炭鉱の時代から現在に至るまで 100 年以上の長きにわたり

活躍を続けてくれた炭鉱電車への感謝を込め、未来に向けたレガシーとして活用するために実施しているプロジェクト。

これまでの炭鉱電車の歴史を振り返りつつ現在も現役で稼働している様子を、映画監督であり2020年から大牟田の大使を務める瀬木直貴氏にメモリアル映像を制作して頂く「風景の資産」記録化プロジェクトに加え、SOUNDS GOOD®︎が取り組む炭鉱電車にまつわる音を記録として残すために音源化や楽曲制作などを行う「音の資産」記録化プロジェクトなどが実施予定。


【ブランデッド・オーディオレーベルのSOUNDS GOOD®️】




そのブランドの音がある。その企業の音がある。その商品の音がある。

企業の中に埋もれている個性的な音を多くの人が楽しめる音へと昇華し、さらに“音の資産”としても活用していくレーベル。所属アーティストを抱えるのではなく、プラットフォームとして機能を果たす

新しい形のレーベルを目指している。

例えば、工場の製造ラインで発生する特徴的な音や、製品使用時の音といった、これまでその企業やブランドの中にずっと存在していたにも関わらず着目されてこなかった、ブランドを象徴する音や声を

ブランディングのアセットとして捉えASMR※音源化。また、音楽アーティストとのコラボレーションなどを通じて、ASMR音源から「楽曲」へとコンテンツ化し、リスナーに対して提供することで、企業

とリスナー(生活者、消費者)の新たな接点を作り出している。

https://soundsgoodlabel.com/





SHARE