復活したスケボーキング待望の両A面シングル「不気味の谷/キャプテン隊長」配信決定

SBKの帰還。12年ぶりの両A面ニューシングル「不気味の谷/キャプテン隊長」は12月2日(水)リリース。SHIGEOによる楽曲解説も到着。
SHARE
2020.11.18 03:00

スケボーキング12年振りとなる復活シングル第1弾発表。「不気味の谷」「キャプテン隊長」の両A面シングルをリリースする。




スケボーキング、コロナ禍の沈黙を破り両A面シングル「不気味の谷」「キャプテン隊長」のリリースが決定


2010年の解散ライブから10年の時を経て、2020年2⽉に再結成を果たしたスケボーキング。block.fmでは復活に際し、スケボーキングにインタビューを敢行している。その際語られていた復活ライヴを皮切りに、本格的な活動再開を予定していたのだが、その⽮先に世界中をコロナショックが襲い、4⽉に予定されていた復活ライブをはじめ全ての公演がキャンセルされてしまった。(インタビューを行ったのは緊急事態宣言が出される直前だった)。


▶関連記事

【インタビュー】スケボーキング復活。今こそ聞きたい25年目の本音とこれから


それから約半年間、スケボーキングは再び沈黙の時を重ねる。「SBKは果たして本当に復活したのか!? 」そんな声まで囁かれ始めた2020年後半、今年も残すところあと僅かというこのタイミングで遂にスケボーキングが帰還。新作のリリースとしては12 年振りとなる作品が完成した。


“過去”“現在”“未来”を縦横無尽に⾏き来し、進化と普遍性を遊び⼼溢れるスタンスでクリエイトした新曲はまさにスケボーキングの真⾻頂。デジタルファンクとリズミカルなラップが心地イイ「不気味の谷」、ジャズ、ヒップホップとフューチャリスティックなエレクトロサウンドをミクスチャーした「キャプテン隊長」。どちらもスケボーキングならではのセンスとユーモアが光る闇鍋サウンドと、SHUN、SHIGEOによるローキー、ハイキーのラップの掛け合いが健在だ。


まさしくスケボーキングの帰還にふさわしい、彼らの現在がストレートに表現された両A⾯デジタルシングル「不気味の⾕」と「キャプテン隊⻑」は12月2日(水)に配信される。




SHIGEOによる赤裸々な楽曲解説は必読


リリースに際し、メンバーのSHIGEOによる詳細な楽曲解説が到着。その飄々とした語り口で今作のクリエイションやエピソードにを赤裸々に明かしている。スケボーキングの身の上に起きた知られざるエピソードがさらっと書いてあるなど、本人による貴重なテキストとともに12年振りのリリース曲を楽しんでほしい。


SHIGEOによる楽曲解説


今回12年ぶりのスケボーキングとしてのレコーディングと⾔う事でいささかの緊張はありつつも、あの頃の古き良きミクスチャーバンドの新たな側⾯を探すべく我々の新たな旅路が始まりました。そこで新たに発表するスケボーキングの⾳楽を皆さんによりお楽しみいただくために、新曲2曲のテーマをエピソードを交えながら解説します。


・「不気味の谷」


まずは「不気味の⾕」から。曲のテーマは、アンドロイドやA.Iの性能を⾼めてより⼈間らしさを追及していけばいくほど⽪⾁にも不気味に感じてしまうというゾーンを指し⽰した“不気味の⾕現象”が、いかにもスケボーキングらしいテーマだなと思ったので採⽤しました。


アンドロイドをより⼈間に近づけようと頑張ってるのも⼈なのに、近づけば近づくほど結局はその⼈間に不気味がられてしまうという⽪⾁めいた不条理さ、努⼒の報われなさや切なさが、なんだかバカらしくもありユーモラスだなぁと。


トラック制作の裏話的には、冒頭で使⽤しているヴォコーダーが10数年前に中古楽器屋さんで購⼊したもので、その頃は結局⼀度も使わずにそのまま放ってあったものを、今度のレコーディングで歌録りに来たSHUNさんと遊びながら⾳を出したところ、ビースティボーイズの“あの⾳”がたまたま出たことに⼤興奮‼ そのヴォコーダーにバスガイド仕様のマイクを使ってSHUNさんが“不気味の⾕”と連呼したものをそのまま採⽤しています。是⾮その光景を想像してみてください。


・「キャプテン隊長」


この曲は、2015年にDJ MAAR とのユニット「FAKE EYES PRODUCTION」を始めた頃に楽曲プロデュースの話をいただいて作ったトラックをベースに作曲したものです。


歌詞のテーマはキャプテン隊⻑。よくDragon AshのkjがSHUNさんのことを年上にもかかわらず“シュンちゃん先輩”って呼んでいて、その全然尊敬されてない先輩って感じがかなりオモロくて笑笑。キャプテン隊⻑って“キャプテン”と“隊⻑”が意味重複しちゃっててなんかバカにされてる感じがするし、全然リスペクトされてないけど、他に適任者も⾒当たらずにしようがなく船頭やっちゃってる⼈っているじゃないですか?そういう感じを想像して“キャプテン隊⻑“だなぁ...と。


リアリティを反映した部分でいうと、スケボーキングが解散した2010年に、その頃に所属していた事務所の社⻑が売り上げとかのバンドのお⾦を持ち逃げして⾏⽅がわからなくなった事件がありまして、その⼈への思いをニヒリスティックにユーモラスに歌にしました。逃げた社⻑について歌った歌詞を載せるエコい曲になったと思います。ピース✌


SHIGEO from スケボーキング




▶「不気味の⾕/ キャプテン隊⻑」

アーティスト:スケボーキング

リリース:2020年 12月2日 (水) 

収録曲:

01. 不気味の⾕

02. キャプテン隊⻑

各ダウンロードサイト・サブスクサービスにて配信




▶スケボーキング


1995年結成。

2000年1⽉インディーズ時代の楽曲のベストアルバム『SUPER BEST』でデビュー。

2001年⼩⽥和正の「ラブ・ストーリーは突然に」をサンプリングした「TOKIO LV」がオリコンウィークリーチャートで10位にランクイン。⼀気に知名度を拡げた。2002年には嵐に少年隊の楽曲「ABC」をサンプリングしたシングル「a Day in Our Life」を提供し話題を集めた。


ヒップホップとロックをミックスするスタイルで、2000年代初頭に起こったミクスチャームーヴメントの旗⼿として⼀躍シーンの代表アーティストとして注⽬を集めた。


Dragon AshのKJをゲストに招き発表されたコラボ作品「EPISODE1」は⼤きな話題を集めその後SBKとDragonAshが交互に発表する「EPISODEシリーズ」として現在までに6作品が発表されている。


2010年6⽉にSHIBUYA-AXで⾏われたデビュー10周年ライブ『EPISODES』を以って解散を発表。

2020年2⽉、約10 年の時を経てSHIGEO(ボーカル/ラップ)SHUN(ボーカル/ラップ)SHUYA(スクラッチ)MASH(ベース)、解散時と同じ4⼈のメンバーでの再結成。


Ofiicial Website https://www.sukebo-king.com/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCmAG9SbuFlQX6O34QO4jwCg

TwiSer https://twitter.com/SUKEBO__KING

Instagram https://www.instagram.com/sukebo_king_official/


Written by Tomohisa Mochizuki



SHARE