Salvador ManiがEP『東京基準』をリリース。「hyphy! 」「Girl you Sexy」のMVを公開

バトルシーンでも名を馳せた麒麟児Salvador ManiがYUNG HIROPON、(sic)boyらが参加した新作『東京基準』リリースした。
SHARE
2020.06.09 06:00

MUTEKIRECORDS所属のラッパーSalvador ManiがEP『東京基準』を6月6日(土)にリリース。収録曲のMVを公開した。





Salvador ManiがEP『東京基準』をリリース。「hyphy! 」「Girl you Sexy」のショートクリップMVを公開


東京都大田区出身で現在21歳のSalvador Mani。現在、QNの擁するMUTEKIRECORDSに所属し、かつては「フリースタイルダンジョン」を始め、数多くのバトルシーンに登場したラッパーである。新作となる『東京基準』はニューウェストコースト、ベイエリアからインスパイアされた曲が中心。トラップと融合しつつも一線を画したバウンスビートをポップなスタイルに落とし込んだ新鮮さを感じる作品となっている。ヴィジュアルを含め、LEXや(sic)boyといった既存のラッパー像を打ち壊すニュータイプに通ずる、エッジの効いたヒップホップスタイルが楽しめる。




 「hyphy! 」/「Girl You Sexy」のショートクリップを公開。監督はPlenty Ueno


6月5日(金)にリリースに先駆けて「hyphy! 」と「Girl You Sexy」のショートバージョンを公開。YUNGYU作品や気鋭のアーティストのMVを手掛ける山梨のビデオグラファー/ディレクターのPlenty Uenoが監督を務めた。すでに公開されている「TYO GAL」や、「Death Savage」も『東京基準』に収録されている。





「HANAZAKARI」で客演に迎えた(sic)boy、 Yung sticky wom、「Death Savage」のYUNG HIROPON、「Talk 2 Me」にフィーチャーされたSunday too SlowlyはそれぞれかねてよりSalvador Maniの友人なのだという。


想像するに、EPタイトルに『東京基準』と銘打ったのは、仲間たちとともに新機軸のヒップホップサウンドとスタイル、価値を提唱したいという意味が込められているのではなかろうか。MVがアップされたYouTubeチャンネルも『東京基準-tokyo vasic-』となっており、今後Salvador Maniのプロジェクトとして発信されていくコンテンツを楽しみにしたい。




▶Salvador Mani『東京基準』

リリース:2020年6月6日(土)

収録曲:


1 hyphy! 

2 TYO GAL

3 Talk 2 ME feat Sunday too Slowly

4 Death Savage feat YUNG HIROPON

5 HANAZAKARI Feat (sic)boy Yung sticky nom

6 Girl You Sexy


配信URL:https://linkco.re/MZF5Ds4E



Written by Tomohisa Mochizuki





SHARE