坂本龍一がバンド空間現代とコラボ、レコードの日にアナログ12インチ『ZURERU』をリリース

両者のコラボ曲のほか、空間現代の初音源化曲や坂本龍一のリミックスも収録される。
SHARE
2018.10.22 03:00

11月3日に行われるアナログレコードの祭典「レコードの日」に、坂本龍一と京都を拠点に活動するバンド、空間現代のコラボ音源が、アナログ12インチ盤としてリリースされる。





坂本龍一 x 空間現代『ZURERU』が「レコードの日」にリリース 


アナログレコードプレスで知られる東洋化成が主催する「レコードの日」は、今年で4年目。この日にあわせた貴重なリイシュー盤などが発売されることで注目を集めている。  


そんな「レコードの日」にリリースされる坂本龍一と空間現代のコラボ盤『ZURERU』には、両者のコラボ曲である「ZURERU」、空間現代のこれまで未収録の初音源化曲「SUUJI」とその坂本龍一リミックスである「SUUJI REMODEL」の3曲が収録されるとのこと。 


『ASYNC - REMODELS』にも参加した空間現代  


空間現代は、編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピース形態で演奏し、これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とするバンド。2016年9月に活動の拠点を東京から京都に移し、同地でスタジオ/ライブハウス「外」を運営しており、国内外問わず様々なアーティストの招聘プログラムを展開し、人気を博している。




また昨年リリースされた坂本龍一の『async』のリミックス集『ASYNC - REMODELS』の日本盤ボーナストラックに「ZURE」のリミックスを提供。同リミックス集には、先月来日公演を行なったOneohtrix Point Neverや今月末、東京でRichie Hawtinとツーマンライヴを行うAlva Noto、そして来月のMutek.jp 2018に出演が決定しているCorneliusらなど有名アーティストが多数参加している。



なお、「レコードの日」公式サイトによると『ZURERU』は2300円(税抜)で販売。録音はオノセイゲン、マスタリングはBjörkのミックスなども手がけるNYのエンジニア、Heba Kadryが担当しているとのこと。ファンなら是非ともコレクションしておきたい1枚だ。 


written by Jun Fukunaga


source:

https://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/items/zureru

https://diskunion.net/jp/ct/detail/1007744121
http://kukangendai.com/profile/

http://soto-kyoto.jp


photo: KAB America, レコードの日



SHARE