RolandがPAミキサーを内蔵したDJコントローラーDJ-707Mをローンチ

DJイベントの行動範囲を広げるオールインワン・モバイルシステムだ。
SHARE
2019.08.20 08:00

PAシステムを備えた4CHハイブリッドDJ コントローラー/ミキサー


Rolandがモバイル用途に向けたDJコントローラーDJ-707Mを発表した。本格的なDJシステムとしての機能に加え、モバイルDJに必要なPA機能を搭載している。




会場にPA機器がなくてもこれ1台でカバー


プロ仕様のDJ コントローラー/ミキサーにPA機能を搭載することで、カフェや学園祭、結婚式場やファッションショーなどPA環境の整っていない環境でのDJセットをこれ一台で完結できるようになる。

主なPA機能は

・マイク入力(各チャンネルEQ, エフェクト搭載)

・アンチフィードバック機能により自動でハウリングを防止

・3系統のアウトプットそれぞれに独立したリミッター、マルチバンドコンプ、EQ搭載

・それぞれの設定をシーンプリセットに保存し、会場での設定をリコール可能

・DJのミキサー部とは別系統でAUX入力を搭載しミュージシャンの演奏などによる外部音源の入力に対応


これらがDJコントローラー上で操作できるため、PAシステムがなかったり、PAオペレーターがいないような環境でも、DJが1人でイベントの進行上必要な音響操作が可能。会場でのスピーチや、シンガー・ラッパーの客演などの演出も別途PAミキサーを用意せずに対応できる。


もともと業務用音響機器の分野で長い歴史と信頼を得る同社だからできる洗練されたPA機能に加え、マイクプリなど音質面に影響する部分でも同社の業務用コンソールのDNAが受け継がれている。






DJ コントローラー/ミキサー部分もプロ仕様


すでに高い評価を得ている同社のDJコントローラーシリーズと同様、Serato DJ Pro完全対応コントローラーとして、ホット・キュー、ループ、ロール、スライサーのコントロールが可能。お馴染みとなりつつあるTRシリーズのサウンドも搭載しており808や909のドラムサウンド、またDeck 4にはOSCというスイッチがありこちらに切り替えるとホーンやシンセのワンショットを再生できる。


さらにUSBを2系統搭載しているので、音を途切れさせることなく次のDJのラップトップへ接続可能。また、金属製パーツを多く採用し、モバイルでの厳しい環境を想定した耐久性の高い設計となっている。




モバイル環境でも安心


アウトプットのマスターエフェクトなども必要十分な機能があり、下手なPAミキサーをかますくらいなら、これ一台でDJが手元で正確にPA操作するほうが合理的と思えるくらい練られた設計のDJコントローラーとなっている。


PA機器のないイベント会場でのDJプレイではPA用のミキサーやケーブルなど、持ち込む機材も増えPAまわりのトラブルが起こりがち。せっかくのイベントもトラブルで音が止まってしまうようなことがあると一気にトーンダウンしてしまうが、DJ−707Mはそういったモバイル環境でのDJの心配事をカバーし、どのような会場でも安定した稼働を実現できそう。


発売時期は2019年8月31日予定。






■関連記事 : 

Roland x Serato、DJコントローラー『DJ-808』を発表 | block.fm


written by Yui Tamura


source:

https://www.roland.com/jp/news/0839/?lang=ja-JP


photo:

https://www.roland.com/jp/news/0839/?lang=ja-JP



SHARE