ベルギーで開催されるロックフェスティバル、Rock Werchter(ロック・ウェルフテル)

40年以上の歴史を持つベルギーの人気フェス、Rock Werchter(ロック・ウェルフテル)!!
SHARE
2018.06.24 06:14


世界で高評価のフェスティバル



日本でもお馴染みとなったロックフェスティバルだが、海外でもロックフェスティバルは盛んに行われている。中でもRock Werchterは出演者のラインナップの豪華さや、充実した設備が好評で世界が認めるロックフェスティバルにも選出されている。


受賞歴のあるロックフェスティバル



Rock Werchterは、ベルギーで毎年行われているロックフェスティバルで、その歴史は古く、1974年に開催されたのが始まりとされている。


 その後発展を続けたRock Werchterは、世界で最高のイベントとしてこれまでに6回賞も受賞し、開催日数も1日限りのイベントから1996年には2日間、2000年には3日間、そして2003年からは4日間のフェスティバルまで規模が広がった。

 4日間で15万人以上の観客が3つのステージを自由に楽しめるRock Werchterは、約60組のアーティストの演奏を堪能することができるロックフェスティバルなのである。


贅沢な顔ぶれのRock Werchter


注目されるのはその豪華な出演者達で、3つのステージにの一つには「ピラミッドマーキー」という、言わば知名度はまだ低いが、可能性のあるアーティストなどが出演するステージがあり、メインステージにはワールドツアーも可能なアーティストが出演している。

 例えば、2009年にはコールドプレイやレディーガガ、2012年にはレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、2014年にはパール・ジャムやメタリカが出演しており、そうそうたる顔ぶれのロックフェスティバルとなっている。

 また、2015年にはレニー・クラヴィッツ、2016年にはポール・マッカートニーが出演するなど、そのラインナップは上質な音楽イベントとして観客の反応も良く、リピーターも多い。


環境の良いロックフェスティバルであるRock Werchter



そしてもう一つ注目されるのは会場の周辺にあるキャンプ場で、観客は設備の整ったキャンプ場でキャンプを楽しみながらRock Werchterも楽しめるという、二重の楽しみを味わえるロックフェスティバルとなっている。

 場所も、ブリュッセルから電車で約15分の所にある「ルーベン」の近くであり、バスの利用も可能で、駐車場や駐輪場があるので車や自転車での来場も可能である。

 緑が色濃く残る、自然が豊かな小さな街でのロックフェスティバルなので治安も良く、4日間という比較的長期間行われるイベントを、ゆっくりと満喫できる環境となっている。


安全に4日間を過ごすことができる体制


また、ステージには大きなビデオスクリーンが両サイドに設置されており、広い会場でステージが見えにくい場合であってもライブを楽しむことができる。

 さらに、会場では最新の音響機器を使用して音の許容レベルを維持しつつも、優れた音質を観客に提供、豊富なメニューが用意されているフードエリアもある。


 Wi-Fiを無料で提供しているエリアもあり、いたるところで観客へのサービスが施されており、観客の顔ぶれも様々で、Rock Werchterは国内外から観客が訪れるロックフェスティバルでもある。

 開催時間は正午前後からで、午前1時頃に終了、お祭りとも称されるように、最終日には花火が打ち上げられ、セキュリティーも厳重・万全に行われているので、安心して参加をすることができるロックフェスティバルである。

 なお、Rock Werchterの開催期間は、ベルギーでは夏休みに入ってから最初の週末の時期であり、2018年は7月5日~8日の4日間の開催予定でとなっている。


 予定されている出演者の名前にはナイン・インチ・ネイルズや、パール・ジャムなどがあり、2018年のRock Werchterも、ロックやポップ、ヒップホップなど様々なジャンルの音楽を体感できる、世界で絶賛されるロックフェスティバルとしての新たな1ページを刻むことだろう。


Photo: https://www.facebook.com/rockwerchterfestival/


Written by 編集部


SHARE