歌姫の半生にせまる! Rihannaのドキュメンタリー映画が今秋公開へ

デビューから13年、30歳を迎えビジネスも成功させてきたRihannaの才能はどのように作られてきたのか。
SHARE
2018.08.22 02:30

Rihannaのドキュメンタリー映画が今秋公開予定


30歳を迎えシンガーとしてはもちろんモデル、コスメ・ブランドのプロデュース、慈善活動など多方面で活躍し成功を収めてきたRihanna(リアーナ)のドキュメンタリー映画が間も無く公開となる。


監督を務めるのは2012年の映画『バトルシップ』でもRihannaを起用したPeter Berg(ピーター・バーグ)で、インタビューでは彼女がいかにしてその才能を身につけたのかを包括的にとらえた作品になるとしている。Peter Bergは1ヶ月半から2ヶ月以内には公開できると話しており、早ければ10月中にはスクリーンでRihannaの半生を追うことができそうだ!





2年遅れの公開へ


実はPeter Bergは2016年にもRihannaのドキュメンタリー映画を撮影中だと発表していた。当時はRihannaが8枚目のアルバム『Anti』の制作中でその模様を収めたドキュメンタリー作品として2017年に公開される予定だったが延期となっており、今回の発表まで触れられることはなかった。


この2年の間アルバムをリリースしていないRihannaだが現在レゲエ・アルバムを制作中だと伝えられており、また2017年に映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』そして現在上映中の『オーシャンズ8』と女優としても忙しく活動していたこの期間で、さらにドキュメンタリー映画として取り入れられる映像が撮影できたのではないだろうか。


8枚目のアルバム『Anti』からのリードシングル「Work」




グローバル・アイコンとなった歌姫


Peter Bergの制作会社「FILM45」の公式サイトでは「アーティスト、実業家、慈善活動家として彼女がいかにグローバル・アイコンとして歩んできたのか、世界で最も有名なアーティストの進化を垣間見れる」と今回のドキュメンタリー映画を紹介しており、アーティストとしてのバックグラウンドだけでなくビジネスウーマンそして教育支援やガン患者のサポートのために慈善活動を続けるRihannaの幅広い活動を知ることができそうだ。


Rihannaは自身の主催するチャリティーイベント「ダイヤモンドボール」でも500万ドル以上の寄付金を集めるなどし、その功績が讃えられ2017年にはハーバード大学から人道的な活動をした人物に贈られる「ヒューマニタリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。





今のところ正式な公開日、日本での上映など詳細はわかっていないが是非とも観たい作品だ。映画『オーシャンズ8』も公開され、先日はDonald Glover(ドナルド・グローバー)と共にキューバで撮影にのぞむ様子がSNSでも公開されており、さらにはアルバムも制作中。Rihannaの活躍はここからさらに勢いを増しそうだ!



written by #BsideNews


source:

https://www.thefader.com/2018/08/17/rihanna-documentary-peter-berg-out-this-fall

https://www.rollingstone.com/music/music-news/rihanna-documentary-out-within-months-director-says-713080/


photo: youtubefacebook



SHARE