テクノパーティー「REBOOT」21周年に豪華ダブルヘッダーが決定! Q'HEYとTAKAMIよりコメントが到着

REBOOT21周年記念パーティーが4月27日開催となる。レジデントDJのQ'HEYとTAKAMIよりコメントが届いた。
SHARE
2019.04.20 08:00

東京で最長寿のレギュラーテクノパーティー、REBOOTがこの4月なんと21周年を迎える。世界的な人気を誇るDJの招聘も次々と実現しており、この21周年記念の日も満員確実のラインナップ。




4月27日、CONTACTで開かれるREBOOT 21周年を前にして、レジデントのQ'HEYとTAKAMIからコメントが届いた。





Q'HEY


REBOOTが始まったのは1998年の2月。東京テクノの総本山と呼ばれた青山のクラブ「Maniac Love」で月イチレギュラーのテクノパーティーとしてスタートしました。

2005年にManiac Loveがクローズした後も会場を移りながら続けていき、現在は渋谷CONTACTで開催されています。


1998 - 2005 MANIAC LOVE

2005 - 2006 TSUKIMIRU KIMIOMOU

2007 - 2009 AIR

2009 - 2010 AMATE-RAXI

2010 - 2013 ELEVEN

2013 - 2015 AIR

2016 - 2017 SANKEYS TYO

2018 - CONTACT


これだけ長くやってると、当然お客さんの入れ替わりが何ターンもあったし、パーティー自体にも疲れが見えてきそうなもんですよね。

ところがです。これが今絶好調なんです。


前々回のCharlotte de Witte、そして先月のAmelie Lensを招聘した公演では、立て続けにチケットがSOLD OUT。会場のContactにはオープン前から人が並び、オープンするや超満員の1,200名を動員した上、途中入場規制がかかった為に300名程の来場者が入場できなかったというじゃありませんか。

共に世界的に超絶な人気を誇るDJだということもありますが、ポイントは2人ともBPM130をゆうに超えるハードなスタイルのテクノを得意としていること。

テクノが段々草食化していって、ハウスとほとんど区別がつかないものもテクノと呼ばれ、それがシーンの真ん中に居座るようになってから数年。やっと本来の、ボクたちが大好きなハードで痺れる程にかっこいいテクノが帰ってきたのです。そう、これこそがREBOOTがずっと追い続けてきた本来のテクノであり最新型!

そしてこの音を鳴らすパーティーに、こんなにも多くの人が集まったという事実。


大きなモチベーションを与えられたREBOOTは、これからもどんどん突っ走っていきます。

まずはこの21周年。

ゲストに2016年のREBOOTで初来日したスコットランドはグラスゴー出身のドライビングでソウルフルなDJ Harvay McKay(ハーベイ・マッケイ)と、イタリアはナポリ出身のライジングスターRoberto Capuano(ロベルト・カプアーノ)という豪華ダブルヘッダーを招聘します。


さらには開催当日はREBOOTレジデントDJのMAYURIの誕生日、前日がTAKAMIの誕生日なのです。

またしても思い切り盛り上がる予感しかしない今回のREBOOT、当日は楽しみでしかたないです!


TAKAMI


僕が21歳にスタートしたREBOOTが今開催で21周年を迎え、誕生日が1日違いのMAYURIさんとのBirthday Bashとなります。皆さんには、21年の軌跡を、REBOOTのTECHNOと相性抜群のゲストDJ両名と共にフロアーで感じて欲しい!


それが、何よりも嬉しいバースデープレゼントになります。


硬くてかっこいい、今のTECHNOでガツガツ踊って朝には笑顔が溢れる一夜になりますように。


是非、遊びにいらしてください!



イベント情報はこちらから。

https://iflyer.tv/event/313490/


radio REBOOT

毎週火曜23:00-24:00放送

https://block.fm/radios/19


written by 編集部



SHARE