ぷにぷに電機がアーバン・シティ・ポップな新曲「ラスト・サマー」をリリース

プレイリスト/チャートを賑わす注目のシンガー兼音楽プロデューサーぷにぷに電機の新曲が届いた。プロデュースはMikeneko Homelessが担当。
SHARE
2019.09.18 03:00

6月にリリースしたシングル『君はQueen』、7月にリリースしたシングル『Neon Ocean』がサブスクリプションを中心に各配信プラットフォームのプレイリスト/チャートを賑わせている注目のシンガー兼音楽プロデューサー、ぷにぷに電機が新曲『ラスト・サマー』をリリース。


本作はぷにぷに電機が“夏の終わり”をテーマに制作したアーバン・シティ・ポップ。サウンド・ プロデュースは『君は Queen』『Neon Ocean』に続き、chelmicoの楽曲などを手掛けるMikeneko Homelessが担当した。



ぷにぷに電機はインターネットを中心に活動する作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー。 Jazz、Bossa Nova、Latinをルーツとしたプライベートな楽曲を制作する一方、様々なアーティストとのコラボレーションにより、シティポップ、Future Funk、Future Bass、Funkotや Break Coreなどジャンルを越えた音楽を生み出している。



【リリース情報】




Release Date: 2019.9.18.wed

Artist: ぷにぷに電機, Mikeneko Homeless 

Title: ラスト・サマー

Label: PARK

Format: Digital


【プロフィール】


ぷにぷに電機




インターネットを中心に活動する作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー。Jazzや Bossa nova、Latinをルーツとしたプライベートな楽曲を制作する一方、様々なアーティストとのコラボレーションにより、シティポップ、Future Funk、Future Bass、Funkot や Break Core などジャンルを越えた音楽を生み出す。日本の歌謡曲やポップスをダンスミュージックとして再解釈するインターネット発の新ジャンル「Future Funk」を世界的に知らしめたメキシコのプロデューサーMACROSS 82-99や韓国の NightTempo、「萌え」とフレンチ・エレクトロを融合するフランスのプロデューサー/DJ のMoe Shop など、ワールドワイドなコラボを実現し、日本の音楽カルチャーを拡張している。多彩な世界観をイラストレーターとともに進化させていくコンセプトアルバムを数多く企画・制作するほか、イラストレーターとのコラボレーション、他アーティストへの歌詞提供なども行う。また、KONAMI の音楽ゲーム「pop'nmusicéclale」に『れみーくんとぷに電ちゃん。』名義で「albedo」が収録されてい る。


Mikeneko Homeless




小麦粉ばかりの蕎麦ばかり食べているmochilonと、勤め人生活の傍らトラックを作っているhironicaのユニット。ポップなクラブサウンドの"KANEKURE" "そばが食べたい"や、シンガーlulu とのメロウな共作をMaltineRecodsなど国内外レ ーベルからリリースするほか、chelmico、虹のコンキスタドール、同グループ根本凪の楽曲、デイリーポータルZ社歌、 映画音楽を手がける。





SHARE