ぷにぷに電機が80KIDZとコラボ。“自由と終焉”を歌う新曲「残照」をリリース

インターネットを中心に活動するシンガー/音楽プロデューサーぷにぷに電機が新曲をリリース。
SHARE
2020.04.01 03:00

シンガー兼音楽プロデューサーぷにぷに電機が4/1(水)に新曲『残照』をリリース。



本作はぷにぷに電機が“自由と終焉”をテーマに歌詞とメロディを制作し、サウンド・プロデュ ースは80KIDZが担当。ポスト・ロック的なアプローチで独特な雰囲気を纏ったアーバンなバラ ードに仕上がっている。


ジャケットのアートディレクションは柴田ユウスケ(soda design)、写真は山中慎太郎が担当。


ぷにぷに電機はインターネットを中心に活動する作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー。 Jazz、Bossa Nova、Latinをルーツとしたプライベートな楽曲を制作する一方、様々なアーティストとのコラボレーションにより、シティポップ、Future Funk、Future Bass、Funkotや Break Coreなどジャンルを越えた音楽を生み出している。





【リリース情報】





ぷにぷに電機『残照』

Release Date: 2020.4.1.wed 

Artist: ぷにぷに電機, 80KIDZ 

Title: 残照

Label: PARK

Format: Digital



【プロフィール】


ぷにぷに電機




PARKよりリリースしたシングル『君は Queen』『Neon Ocean』『ラスト・サマー』が各配信プラットフォームのプレイリスト/チャートを賑わせている注目の作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー。インターネットを中心に活動し、 Jazzや Bossa nova、Latinをルーツとしたプライベートな楽曲を制作する一方、様々なアーティストとのコラボレーションにより、シティポップ、Future Funk、Future Bass、Funkotや Break Coreなどジャンルを越えた音楽を生み出している。日本の歌謡曲やポップスをダンスミュージックとして再解釈するインターネット発の新ジャンル「Future Funk」を世界的に知らしめたMACROSS 82-99や NightTempo、「萌え」とフレンチ・エレクトロを融合するMoe Shopなど、ワールドワイドなコラボを実現。国内では、chelmicoなどを手がけるMikeneko HomelessやShin Sakiura、パソコン音楽クラブ、さよひめぼう、ミカヅキ BIG WAVEらとともに楽曲を製作し、日本の音楽カルチャーを拡張している。多彩な 世界観をイラストレーターとともに進化させていくコンセプトアルバムを数多く企画・制作するほか、歌詞・楽曲提供なども行う。


80KIDZ




‘07年1月に結成、エレクトロ・ユニット。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。以後、フル・アルバム5作品、リミックス集やダンス・トラック集をリリースし、ロックとダンスの垣根を越えて活躍を続けている。

2018年春にデビュー10周年を迎え、初のベスト・アルバム『BEST KIDZ – The Best of 80KIDZ 2008-2017』をリリース。 6thアルバムに向けて新曲を継続的にリリース中。





SHARE