新曲「Wow.」でPost Malone(ポスト・マローン)がリアルな心境を独白。TJOもベタ誉めするその人柄とは

実際に会ったTJOがベタ誉めのポスト・マローン。新曲のリリックで素直な心境を吐露。
SHARE
2018.12.28 09:00

タトゥーとニューストピックの数が多い男、Post Malone(ポスト・マローン)は2018年、音楽、ファッションとさまざまな分野で大活躍した。FUJI ROCK FESTIVAL’18で来日も果たした“ロックスター”の勢いは年の瀬になってもとどまることを知らない。


関連記事:【フジロックレポート】Kendrick Lamar圧巻のステージから、知られざるSkrillexとYoshikiの共演エピソードまで。サプライズ満載の「FUJI ROCK FESTIVAL'18」




2019年も絶好調の予感。新曲「Wow.」が話題のポスト・マローンニュースまとめ


ポスト・マローンが、来年2月に米アトランタで開催される最大級のスポーツ・イベント『第53回Super Bowl』に関連する『Bud Light Super Bowl Music Fest』に出演することが12月初頭に発表された。


フェスは2019年1月31日から2月2日、米アトランタ近郊のステート・ファーム・アリーナで行われる。1日目にはMigos(ミーゴス)、Ludacris(リュダクリス)が出演し、3日目の最終日にはBruno Mars(ブルーノ・マーズ)とCardi B(カーディ・B)がトリを務める。


2日目のヘッドライナーを務めるのはAEROSMITH(エアロスミス)で、ポスト・マローンはスペシャル・ゲストとしてジョインする格好だ。エアロスミスとポスティは2018年の『MTV Video Music Awards』のステージでコラボし、メドレーを披露。エアロスミス往年の名曲「Dream On」とポスティのヒットトラック「Rockstar」を演奏し、抜群のコンビネーションを炸裂させた。『Bud Light Super Bowl Music Fest』でのパフォーマンスにも期待が高まる。




フェスを主催するビール・ブランドBud Lightは、ポスト・マローンが2018年、インフルエンサーとしての影響が大きかったその功績から出演オファーをしたとのこと。アトランタまで足を伸ばして観られるチャンスがある人はチケットや詳細は公式サイトをチェックしてほしい。





12月31日の深夜から新年1日にかけてはThe Chainsmokers(チェインスモーカーズ)など豪華ゲストが登場するニューヨークの紅白歌合戦的な年末の人気TVショー『Dick Clark’s New Year’s Rockin’』にもポスティの出演が決定。「Congratulation」やる流れだよなあコレ。


なお、来年の『Lollapalooza』や『Reading and Leeds Festivals』などの大型野外フェスのヘッドライナーを務めることも決まっている。


Crocsとのコラボや、アメリカで人気のキモカワ人形fugglersとコラボし、アグリーなぬいぐるみをホリデーシーズンに発売したポスティ。その絶大な人気は衰えそうになく、2019年もさまざまな話題を提供してくれそうだ。





photo:fugglers Instagram


関連記事:ポスト・マローンとクロックスがコラボしたカスタムサンダルが24時間で完売


関連記事:転売価格は10万円⁉️ ポスト・マローンとクロックスのコラボモデル『Dimitri Clog』第2弾が発売





新曲「Wow.」に込められたサクセスストーリーと本音


かねてより年内に新曲をドロップすると明言していたポスティの「Wow.」は約束通り現地時間12月24日にリリースされ、2018年を締めくくるファンへのプレゼントとして話題になった。「Wow.」はシンプルでヘヴィなビートに、ポスティのシングラップが映える楽曲となっている。


映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の主題歌である、キャッチーでオートチューン混じりの楽曲「Sunflower」と対照的な楽曲になっており、ポスティの引き出しの幅広さをうかがわせる。




「Wow.」で歌われているのはアルバム『Storny』『Beerbongs&Bentleys』を切って“ロックスター”へと成り上がっていくさなかで感じた周囲の人々の態度の変化と、今多くの人々の前で歌ったときのオーディエンスの反応の大きさに対し、ポスティ自身のリアルな心境が綴られている。


Stoney』をドロップする前は、誰も見向きもしなかったクセによ 

今じゃみんなたいてい“Conglaturation”って言うんだぜ

これはBeerじゃねえ Shitみたいなもんを注いでる 

以前もたくさん持ってたけど、今じゃもっと持ってるよ 

退屈だからヒット曲を作ったんだ


俺のおごりだ ポケットの中には10万ドル

お前のばーちゃんだってたぶん俺のこと知ってると思うぜ

ボトルが寂しがってるから もっとボトルを持ってこい

俺が姿を見せたら一瞬で、みんな“Wow”って言うんだ


アメリカンドリームを手にし、“ロックスター”の一員として成り上がった男だからこそのリリックといえる。







TJOが見たポスト・マローン、その人気の秘密


一見、「Wow.」のリリックは傲慢にも聞こえるが、本人はいたって謙虚な人物なのだそう。というのも来日時、ポスティとの会食に招かれ、本人と顔を合わせたTJOは「会釈しながらお店に入ってくる外タレ初めて見たよ」と☆Taku Takahashiとのblock.fmプログラム『TCY RADIO』でその印象を語っていた。


また、最近、TJOは自身のInstagram ストーリーでもポスティと顔を合わせたことについてあらためて振り返っており、「謙虚かつ愛嬌がある人で、イイ意味で見た目とのギャップに驚かされた」と話す。2018年、単独来日公演を行ったKygo(カイゴ)の公演にDJとして参加するなど、数々の海外アーティストと親交のあるTJOが言うだけに説得力がある。



ときどき他のラッパーたちから反感すら買ってしまうほどのストレートなリリック、インパクトのある外見とは裏腹に、ポスティ自身の人柄が彼の人気を下支えしていることをうかがわせるエピソードだ。


2019年の第61回グラミー賞にはポスティは「Record Of The Year」、「Album Of The Year」など計4部門にノミネート。第61回グラミー賞の授賞式は2019年の現地時間2月10日にLAはStaples Centerにて開催される。ポップアイコン、ロックスターとして快進撃を続けるポスティは、更なる脚光を浴びることになるのか楽しみだ。


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


source:https://pitchfork.com/news/listen-to-post-malones-new-song-wow/

https://genius.com/Post-malone-wow-lyrics

https://www.billboard.com/video/bbnews120618postmalone-8489072

https://www.billboard.com/video/bbnews120618postmalonerev-8489424

https://www.billboard.com/articles/news/8489079/post-malone-dick-clarks-new-years-rockin-eve


photo:Post Malone Instagram




SHARE