【レビュー】ポップでジャジーなチルベースの虜。PARKGOLF×YUNGYU「You are on my mind」リリース

札幌出身、東京在住のボーダレスなトラックメーカーPARKGOLFと山梨発の注目アーティストYUNGYUの邂逅。
SHARE
2019.03.21 10:00

一十三十一(ヒトミトイ)やJvcki Wai(チェキワイ)といった話題のアーティストとコラボする、PARKGOLF(パークゴルフ)と、山梨出身、各地のライヴで注目を集めるYUNGYU(ヤンユー)がコラボトラック「You are on my mind」をリリース。




PARKGOLF×YUNGYU「You are on my mind」、キャッチーな歌声がラブリーでメロウ。


2018年にリリースした韓国フィメールラッパーのニューアイコン、Jvcki Wai(チェキワイ)とのコラボ曲「xaradice」が記憶に新しいPARKGOLFが、ラッパー共作シリーズの続編として、新鋭アーティストとの客演を数多くこなし注目を集める、山梨出身のYUNGYUとタッグを組んだ。


PARKGOLFの自主レーベルDATE SPOTからリリースされ、ジャケットアートワークはPARKGOLFのアーティスト写真や既出のPARKGOLF作品のアートワークを手がけてきたnico itoが担当している。




パーゴル印のメロウチューン


あっこゴリラの「開戦前夜」やCM楽曲、DAOKOの「水星」のアレンジを手がけていることを明かしたPARKGOLFは、幅広い音楽性により、ラッパーはもちろんさまざまなアーティストとコラボレーションするトラックメーカーだ。


過去のリミックス、アレンジ作品をまとめたプレイリスト『PARK』をSpotifyにて公開しているので併せてチェックしてほしい。




そんなPARKGOLFが奏でる情緒的なギターリフと、チルいメロディで構築されたトラック上で、YUNGYUの伸びのあるボーカルが映える。両者のキャッチーなメロディセンスはさすがである。


散りばめられたポップなサウンドとは裏腹に、恋人同士のスレ違いを思わせるリリックがYUNGYUのエモいシャウトによって、よりドラマチックに響く。仲間や友人を思う気持ちと裏腹に、愛情を抱く大切な人を傷付けてしまう。どうしたらいい? どうしてほしい? と問いかけるフックに切ない心情が滲む。


Masego(マセーゴ)やFKJの「Tabow」のような洗練されたジャジー感も匂わせつつ、PARKGOLFらしい絶妙なヌケ感が気取っていなくてとても心地イイ。


ジャンルにカテゴライズされないボーダーレスなトラックメイキングがPARKGOLFの魅力だと筆者は思っているが、“パーゴル”らしさとYUNGYUの持ち味が活かされた、アーバンなメロウチューンに仕上がっており、夜に聴くにはうってつけ。現場映えもライヴですでに実証済み。抜群の相性の良さを見せつけてくれた両者による、聴く人を選ばないヘビロテ確定の1曲となっている。








山梨発、注目を集めるYUNGYU


YUNGYUはSKOLOR(スカラー)& Roof Top(ルーフトップ)との「TMDC」、SKOLOR & YUNGYU & FUTURISTIC SWAVER(フューチャリスティックスウェーバー)名義の「4G」や、haruru犬love dog天使(ハルルイヌラブドッグテンシ)「街まで」、D-Hack(D・ヘック)との「090」への客演参加など、日韓のアーティストとともに精力的に活動。


キャッチーなシングラップとスキルフルなライブを展開し、現場での支持も高く、トラックメーカーやラッパーたちからラブコールがやまない存在となっている。


TREKKIE TRAX(トレッキートラックス)のマンスリープレイリストにもピックアップされたYUNGYUソロ名義の人気曲「201」は、HIPHOPやJ-POPをジャージークラブ仕様にリミックスした楽曲が高い評価を受けるDJ/プロデューサーK BoW(K・ボウ)がプロデュースワークを務めた。変則的なリズムのトラックに乗せYUNGYUの持つ魅力が際立った1曲である。




地元山梨ではかつてFAKAXA(ファカクサ)というクルーを組み、自身でイベント『ily』を主催。釈迦坊主(シャカボウズ)や、Chilly Sourceレーベルのpinoko(ピノコ)、haruru犬lovedog天使といった、気鋭のラッパー、シンガーを地元山梨に召集するなどしてきた。


今後も目が離せない、といった表現は聞き飽きているかもしれないが、正直ほんとに目が離せないくらい知名度と人気を拡大している。YUNGYUについてのリリース情報、本人へのインタビューなど、筆者のブログでもまとめているので、気になったリスナーは読んでみてほしい。


週末の現場で「You are on my mind」を聴こう


本作はすでに、ライヴなどでも披露されていた楽曲である。これは、昨年出演した、イベントでPARKGOLFとYUNGYUが一緒になったイベントで意気投合し制作にいたったとのこと。



このイベントは今週末23(土)に開催され、再び、PARKGOLFとYUNGYUが出演することから「You are on my mind」がライブで披露されることは間違いない。


その前日、22日(金)名古屋のCLUB JB'Sの「AMBIENT」というイベントでも2人がゲストアーティストとして出演することも決まっている。ナイスなタイミングなので近郊の人はもちろん、PARKGOLFとYUNGYU蜜月のコラボを間近でチェックしたい人は足を伸ばしてみてはいかがだろう。




加えて、MAGNET by SHIBUYA109にて20日〜24日の5日間にわたって日替わりのルーフトップパーティをblock.fmがプロデュースする渋ゲキ祭が行われている。24日、日曜日の『HARUSAKI』主催のtomado(トマド)とともに、ベトナム・ホーチミンツアーへ帯同していたPARKGOLFの出演も決定している。




春彼岸の週末、各地で「You are on my mind」が聴けるチャンスだ。


▶関連記事

人気DJ&パフォーマーが集合! 「MAGNET by SHIBUYA109リニューアルパーティ渋ゲキ祭」開催決定




▶PARKGOLF,YUNGYU「You are on my mind」

リリース:2019年3月20日(水)

レーベル:DATE SPOT


1. You are on my mind


ダウンロード、配信URL

https://linkco.re/ZzFd8eCx


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


image:nico ito Tumblr



SHARE