細野晴臣、吉田美奈子らの和モノAORを収録したレアグルーヴ・アルバムが発売

『Pacific Breeze』にはそのほかに阿川泰子、大貫妙子、当山ひとみなどの再評価される和モノの名曲が16曲収録される。
SHARE
2019.03.12 10:00

海外の和モノレアグルーヴ再評価により、日本の70~80年代にリリースされたAOR、シティーポップ、アンビエントのアーティストが海外で注目されているが、その反面でそういった作品のオリジナル盤はレア盤化し、Discogsのマーケットプレイスなどでは高値で取引されることも少なくない。そのため、国内外でリイシュー盤やコンピレーションのリリースが行われることも増えてきているが、今年5月にまた今後、ファンの間で注目されることになりそうな和モノレアグルーヴのコンピレーションがリリースされることが決定した。



細野晴臣、吉田美奈子らによる和モノレアグルーヴ名曲を収録した『Pacific Breeze』  


リリースを控えるコンピレーションアルバム『Pacific Breeze』は、これまでに数々のリイシュータイトルをリリースしてきたことで知られるアメリカのレーベル「Light In The Attic」が企画する1976年〜1986年にかけてリリースされたが、日本人でさえ忘れてしまった日本のシティーポップ、AOR、ブギーの名曲を16曲コンパイルした和モノファン注目のコンピレーション。 


収録されるのは、最近、海外での再評価が著しい細野晴臣や高橋幸宏らYMOメンバーの曲のほかに、インターネット発のダンスミュージックとして現在もネット上で人気のFuture Funkのサンプリングネタとして、その界隈でよく知られる吉田美奈子の「Midnight Driver」や当山ひとみの「Exotic Yokogao」、さらには日本のAORを代表する大貫妙子、日本のフュージョン界の大御所である高中正義らの曲が収録される。




和モノレアグルーヴ有名曲の阿川泰子「LA Night」も収録  


また個人的に注目したいのは現在の世界的な和モノ再評価以前から、日本のレアグルーヴとして評価が高く、2000年代にはアメリカのヒップホッププロデューサーのAlchemist、近年ではFuture Funkの人気アーティストとして知られるマクロス MACROSS 82-99らにもサンプリングされた阿川泰子の名曲「LA Night」が収録されている点だ。1986年にリリースされた同曲のアナログレコードの価値は高く、Discogsのマーケットプレイスではモノによっては数万円で取引されるほどのレア盤になっている。



秋本薫の「Dress Down」、竹内まりやの「Plastic Love」などはインターネット経由で海外の音楽ファンの間で評価され、今ではそういった和モノレアグルーヴを求め、海外のレコードディガーが日本のレコード店を訪れることも少なくないため、レアな和モノをディグしてレコードを手に入れるハードルは以前に増して高いものとなっている。それだけにこういった好内容のコンピレーションが発売されることはファンにとっては朗報だ。



2枚組アナログ盤、CDで販売、特典にはビーチタオルやポスターも  


なお、『Pacific Breeze』は2枚組アナログ盤、CDの形式で5月3日に発売。また特典として当時のAORやシティーポップのリリース作品を彷彿とさせるアルバムジャケットに関連したビーチタオルやポスターも付属するとのこと。気になる人は、レーベルの公式サイトで詳細をチェックしておこう。 


written by Jun Fukunaga

source:

https://lightintheattic.net/releases/4714-pacific-breeze-japanese-city-pop-aor-boogie-1976-1986

https://www.whosampled.com/Yasuko-Agawa/L.A.-Nights/


photo: Light In The Attic



SHARE