韓国HIPHOPをルーツに持つ19歳ラッパー・oozashが新曲「顕現(けんげん)」リリース&リリックビデオ公開

Creepy Nuts、SUSHIBOYS、XY GENEを輩出するTrigger Recordsからデビューしたoozashによるセカンドシングル。
SHARE
2020.06.17 09:00

Creepy Nuts、SUSHIBOYS、XY GENEなどを輩出するTrigger Recordsからデビューした19歳のラッパー・oozash(ウーザッシュ)が6月17日にセカンドシングル「顕現」をリリース。



楽曲プロデュースに北陸金沢のビートメイカーCARRECを迎え、oozashの音楽活動のきっかけになった17歳の夏を振り返るような楽曲。真っ直ぐに目標や夢を思えば達成できるだろうという希望をoozash の過去、そして未来の展望を通して自由に描ける絵のように表現している。


またYouTube にて、本人が作成したリリックビデオも公開されている。



【関連記事】

Creepy Nutsが認めた才能、韓国HIP HOPをルーツに持つ19歳のラッパー・oozashがデビュー





【リリース情報】




Artist:oozash

Title:顕現

Release Date : 2020.06.17

Label : Trigger Records


【Tracklist】

01. 顕現


配信 URL

Apple Music: https://apple.co/3gZmSME


Spotify: https://spoti.fi/3czEHyz


Line Music: https://bit.ly/2BBDp9y


その他:https://linkco.re/h3e1VqBR


【アーティストプロフィール】


oozash (ウーザッシュ)


岩手県在住の19歳ラッパーoozash(ウーザッシュ)。

幼少のころよりK-POP、さらに韓国HIPHOPに傾倒。 独学で韓国を学び、韓国インディーズシーンまでをチェックするなど、普通のK-POP好きでは舌を巻くほどの知識量を持つ。

16歳から初めた詩を書くことに目覚め、ラップをはじめる。

Creepy Nutsが審査員を務めた、十代限定のイベント未確認フェスティバル2017のラップだけコ ース審査員特別賞受賞をきっかけに本格的に音楽活動を開始。 現在では音源制作をしながら、地元のライブハウスなどを中心に月数回のライブ活動を行っている。 また、最近では絵を描くことも多く、ジャケットアートワークや店内壁画なども手掛け、音楽にアートと活動の幅を広げ、日々精進している。


Twitter: https://twitter.com/oozash18

Instagram: https://www.instagram.com/oozash/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCGHBIT_4LPw4eF9HyYZ9DmA





SHARE