Nipsey Hussleがハリウッド殿堂入り グラミー賞、BETアワード・ヒューマニタリアン賞の獲得が評価

Black Eyed Peas、DJ Khaled、Avril Lavigneらも選出。昨年は50 Centが殿堂入りを果たし、Eminem、Dr. Dreとともに式典に出席した。
SHARE
2021.06.22 04:00

2019年に他界し、死後もレガシーが称えられ続けているラッパーのNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が2022年度のハリウッド 殿堂入りに選出されたことが発表された。


「Hollywood Walk of Fame(ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム)」と呼ばれるハリウッド殿堂は名前が刻まれた星型プレートが歩道に埋め込まれており、観光名所のひとつでもある。Nipsey Hussleはグラミー賞、BETアワードでのヒューマニタリアン賞の獲得が評価され殿堂入りを果たした。






Nipsey Hussle、2021年の参加曲


亡くなったアーティストによる生前にレコーディングされたボーカルを使った曲が死後にリリースされることも多く、Nipsey Hussleもその1人。今年に入ってからはBig Sean(ビッグ・ショーン)のアルバムに「Deep Reverence」で参加。Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)は2011年の曲「Hopes & Dreams」にNipsey Hussleの未発表バースを追加したバージョンを公開した。


さらにMaroon 5(マルーン・5)のアルバムには同じく他界しているJuice WRLD(ジュース・ワールド)とともに参加しているなど、今も新たな彼の声が発表され続けている。そうなるともちろん遺作アルバムとしての発表も期待したいところだが果たして...生前には2018年のアルバム『Victory Lap』に続くさらなる2枚のアルバムの構想もあったという。




昨年は50 Centが殿堂入り


これまでにQueen Latifah(クィーン・ラティファ)、Diddy(ディディ)、LL Cool J(LL・クール・J)、Ice Cube(アイス・キューブ)、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)など多くのラッパーも殿堂入りし名前を刻んできたハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム。昨年は50 Cent(50・セント)も殿堂入りを果たした。


50 Centの式典(除幕式)ではデビューを支えた恩人であるEminem(エミネム)とDr. Dre(ドクター・ドレ)も出席。ハリウッド という華やかなイメージにこの3人が揃うことはひと昔のヒップホップ好きには想像もできなかっただろう。Nipsey Hussleが生きていたら誰が一緒に出席していたのだろうか。




選出されたアーティストの殿堂入り式典のスケジュールはまだ決まっていないので、発表を楽しみに待とう。




written by BsideNews


source

https://www.complex.com/pop-culture/nipsey-hussle-michael-b-jordan-dj-khaled-carrie-fisher-2022-hollywood-walk-of-fame-stars


photo

https://www.facebook.com/nipseyhussle/photos/10154843222563845




SHARE