「チケットはいくら?」 乗馬したままクラブに女性が突如入場 大音量で馬がパニック 会場大混乱‼︎

乗馬したままの馬の入場を許したマイアミのCLUB「Mokai Lounge」がマイアミ市から営業許可を剥奪される 動物虐待だとされ、署名運動も起こった珍事件
SHARE
2018.03.21 10:00

ビキニの女性が馬に乗って入場


アメリカ有数の観光地でありCLUBもたくさんあるマイアミだが、とんだ珍客もいたものだ。


マイアミにあるクラブ「Mokai Lounge」の中に現れたビキニ姿の女性は、なんと馬にまたがったままクラブのフロアに登場‼︎ 


騒然とするクラブ内居合わせた多くの客によりスマホを向けられフラッシュを浴びた結果、あまりの光と大音量によって馬は興奮状態。パニックを起こし、女性を振り落としてフロアを出ていった映像がネット上に投稿されている。幸い怪我人はいなかったようだ‼︎





馬の入場によって免許剥奪!?


当然といえば当然だが、その後CLUBには営業停止命令が出され、同時に署名サイトChange.org(チェンジ・オーグ)ではMokai Loungeの営業許可取り消しに1000人以上が署名。数日後にはマイアミ市より動物虐待の可能性と、公共の場での脅威を及ぼしたとされ、営業許可が剥奪された。マイアミ市の代表は「正当なビジネスを行うCLUBがこれを許可するこに驚きを隠せない」と語り、市長でさえ、「初めて聞いたときにはどこの馬鹿がこんなふざけたことをしたんだと感じた」と記者会見で話していた。さすがの商業都市マイアミでも異例の出来事だったようだ‼︎  しかし、その女性がどういった経緯で乗馬したままの入場ができたのか、その他理由についてはまだ明らかにされていない。馬は以前より、水曜日と木曜日にCLUBの周りで頻繁に見られていたとCLUB側は話している。



日本国内ではアニマルカフェ・バーが流行しているがアニマルといっても犬や猫、大きくてもペンギンやフクロウまでで馬はさすがに聞いたことがない。夜に動物を楽しむのならばせいぜいナイトサファリにしておくべきだったビキニの女性。彼女のその後についてはわかってはいないが、果たして彼女の飼っている馬だったのかどうか。馬についてはその後マイアミ市警が発見し、健康状態に異常はないと伝えられている。


パーティを大いに楽しむ人のことを「パーティアニマル」と呼びはするが、本物のアニマルはCLUBに受け入れられなかったようだ。



参照:

http://mixmag.net/read/the-nightclub-that-let-a-horse-inside-has-had-its-license-revoked-news


Written by #BsideNews

Photo: miaminewtimesyoutube

SHARE