ニューヨークで流行中!!テイクアウトできるオススメのランチ6選

ニューヨークでの旅行中は、流行の店でランチをテイクアウトするのがオススメ!!
SHARE
2018.07.22 15:36


ニューヨークでの旅行中は、流行の店でランチをテイクアウトするのがオススメ!


旅行中、どこで食事をするか悩むこともあるだろう。朝食はホテルのモーニングを食べるとしても、日中が自由行動の場合は、自分で昼食を調達しなくてはならないことが多い。その場合、オススメしたいのがテイクアウトのランチだ。そこで今回は、ニューヨークで流行している、テイクアウトできるランチを紹介しよう。


ハンバーガー



まず最初は、本場のハンバーガーを食べたい人にオススメの店だ。ニューヨークのウェストビレッジにある「コーナービストロ(Corner Bistro)」は、行列嫌いと言われているアメリカ人が、ランチ時に行列を作るほど流行の店だ。よって、昼時から少し時間をずらして行くのが良いだろう。建物はレンガ作りで、店内は木製の落ち着いた雰囲気のインテリアで揃えられている。そこで提供されるハンバーガーは、いかにもアメリカンサイズで、小食の人がランチで食べる場合は少々覚悟が必要かもしれない。店内の雰囲気を感じるのも良いが、もちろんテイクアウトも可能だ。


 次のハンバーガー店は、「シェイク・シャックマディソンスクエアパーク店(Shake Shack)」だ。2015年に東京へ出店して以来、日本でも流行している店の、ニューヨーク・フラットアイアン地区にある本店だ。ファストフード店だが、アメリカのハンバーガーにしては大きすぎず、日本人でも食べやすいサイズだろう。アンガスビーフを100%使用したパティの「Burger」はジューシーで、グリスソーセージと野菜を挟んだ「Flat-top dogs」もオススメだ。


ロール系



次のオススメは、手軽に食べやすいロール系だ。イーストビレッジにある「ルークス・ロブスターイーストヴィレッジ店(Luke's Lobster East Village)」は、ロブスター・ロールを提供している店だ。2009年にこちらの店をオープンして以来、 各地に続々と出店している流行の店だ。味も折り紙付きで、ニューヨークでナンバーワンのロブスター・ロール店として、度々受賞している店だ。経営者の実家がロブスター漁を営んでいるので、日々新鮮なロブスターを仕入れることができるそうだ。サクサクのパンに挟まれた大量のロブスターの味にハマり、再び訪れる人もいるらしい。さほど量は多くないため、ランチで食べるのに適している店だ。テイクアウトの場合は、紙の容器に入れてもらえる。


 「カティ・ロール・カンパニー(The Kati Roll Company)」もイーストビレッジにある店だ。こちらは、インドの味をニューヨークで食べられる店だ。 壁にはポップな絵が描かれていて、店内にはシンプルなテーブルと椅子が並べられている。スパイスの効いたクレープのような生地の、「ロティ・プラタ」で野菜を巻いた「Mixed-veggie roll」や、鶏肉を巻いた「Chicken Tikka Roll」がオススメだ。


メキシカン・和食



次は、ニューヨークの流行スポットであるチェルシーにある「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)」だ。アメリカ以外にもヨーロッパなどに出店している、メキシコ料理を提供しているファストフード店だ。メタリックを基調としたオシャレな店内は、パイプや照明がむき出しになっている。ブリトーやサラダなどのヘルシーなメニューがメインだが、ランチとしてはボリュームが多いものもあるので、シェアして食べるのがオススメだ。ブリトーはホイルで包まれているので、テイクアウトして食べるのに最適だ。


 最後に紹介するのは、流行の最先端であるミッドタウンにある「わさび(Wasabi Sushi & Bento)」だ。タイムズスクエア駅の前の立地なので、とても交通の便が良い。海外にしばらくいると日本食が恋しくなる人も多いが、そんな時にオススメなのがこの店である。清潔でスタイリッシュな店内には、寿司や弁当などが陳列された冷蔵ショーケースが並んでいて、自分で選んでレジに持っていくスタイルだ。また、日本の大手メーカーの緑茶やお菓子も販売されているので、食事・飲み物・おやつと全てがテイクアウトできる便利な店だ。


Photo: https://www.pexels.com/


Written by 編集部


SHARE