MonyHorseソロアルバム『TBOA JOURNEY』からYouthQuake制作の「City」MVをチェック

YENTOWNのU-LEEとYouthQuakeの100KILOGRAMSがトラックを手がけた「City」MVには、MonyHorseの家族と仲間が多数登場。
SHARE
2019.12.20 06:00

先日block.fmプログラム『INSIDE OUT』にも登場したMonyHorseの最新アルバム、『TBOA JOURNEY』から「City」のMVが公開中。





YouthQuakeとしての初監督作品「City」MVはMonyHorseの過去から今に至る、大切な場所と人を映しだす


「家族仲間たちだけ遊ぶ相手」とリリックで語っている「City」はMonyHorseのソロ名義では初となるアルバム『TBOA JOURNEY』の最後に収録されている楽曲だ。トラックを手がけたのはYENTOWNのU-LEEとMVを担当したYouthQuake所属の100KILOGRAMS。100KILOGRAMSは先日AWAでプレイリストを公開していたが、その選曲を聴く限り今回共作した、U-LEEとの親和性は高い。特徴的なピアノのサンプリングとスクラッチが印象的なブーンバップビートの上に、Monyが淡々とラップで描写するのは“日常”である。朝起きてから夜寝るまでのMonyの行動と交友録が記され、周囲の環境が変わっても自分は変わらずにやり続けるという、Monyのスタンスがあらわれている。


▶関連記事

YouthQuakeの100KILOGRAMSセレクトのプレイリスト『NEW CLASSIC』がAWAで公開






YouthQuake初の映像監督作品


このビデオを制作したのは東京を拠点とする、気鋭のストリートコレクティヴYouthQuake。まるで往年のスケートフィルムのようなローキーの映像で、等身大のMonyHorseを映し出している。スタジオや街でのいつもの様子や、我が子を抱く父としてのMonyの姿をそこに見つけることができる。さらに、MonyHorseを取り巻くYENTOWNの仲間たちをはじめ、Young Cocoといった親交のあるアーティスト、さらにはMonyHorseのラップするきっかけとなった人物も登場。ロケーションは大阪、東京、そしてルーツである北区王子まで、Monyの過去と現在を映像で結んだ。YENTOWN関連作品の作り込まれた“NEOTOKYO”の世界観とは一線を画す、YouthQuakeのエッセンスを取り入れたMVに仕上がっている。






▶MonyHorse『TBOA JOURNEY』


収録曲:

1.長旅(intro) (prod.3ch)

2.Hallo (prod.3ch)

3.Sky Trip ft.Kenayeboi (prod.3ch)

4.Grind (prod. TIGAONE & DJ BULLSET)

5.2019~ (prod.3ch)

6.Some Pot ft. SANTAWORLDVIEW (prod.3ch)

7.秘密基地 ft. Young Coco (prod.3ch)

8.Oinukasu (prod.3ch)

9.C.R.E.A.M (prod.DJ JAM)

10.Love ft. AWSM. (prod. AWSM.)

11.町旅 (skit) (prod.3ch)

12.City (prod. U-LEE & 100KILOGRAMS)


URL:https://linkco.re/MvY7VhsA


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki 


photo:YENTOWN YouTube





SHARE