三浦大知の最新ライブ情報

「和製マイケルジャクソン」三浦大知をチェックしよう
SHARE
2018.06.14 15:09

「和製マイケル・ジャクソン」三浦大知をチェックしよう


1997年のデビュー以来、アルバムの発表やライブ活動を続け、2017年には初の紅白出場をはたした三浦大知。歌って踊れる「和製マイケル・ジャクソン」として、進化をし続けさらなる可能性は未知数だ。今回は三浦大知の人となりや経歴、最新ライブ情報を紹介したい。




三浦大知の人となり・経歴


三浦大知は1987年8月24日生まれの沖縄出身。作詞家、作曲家、歌手、ダンサー、振り付けと日本のエンターテイナーとして幅広く活動を続けている。デビューは1997年、「Folder」の一員として芸能活動を始めたことがきっかけとなった。「Folder」は、1997年から3年間活動をした歌手グループで、沖縄アクターズスクールの小中学生7名、男女混合で構成されていた。この時三浦大知は、アルバム内のほとんどの楽曲のボーカルをつとめている。メンバーの中の満島ひかりは、現在でも女優、タレントとして活躍をしている。


グループ活動を経た後、2005年にはソロデビューをし、シングル「Keep It Goin' On」、2006年にはアルバム「D-ROCK with U」を発表した。2011年には初の日本武道館公演、2013年には初の横浜アリーナ公演、2017年には初の代々木第一体育館公演でのライブをこなし、現在に至るまで順調に芸能活動を続けてきた。音楽のジャンルはR&B、ポップで、2008年に発売した6枚目のシングル以降自分自身での作詞、作曲、振り付けを手がけている。


6才の時にマイケルジャクソンを見たことをきっかけに音楽を始めた。ダンサーやクリエイターなどの各界からも、歌とダンスが高く評価されている。同様に、本人による作詞作曲やダンスも高い評価を受けている。三浦大知の将来の目標はグラミー賞をとることである。2005年のソロデビュー以来、2018年3月現在までにシングル22曲、アルバム6枚、2018年3月にベストアルバムを発表している。


プライベートでは、2015年元旦に一般女性との結婚を発表。翌年の12月9日には、第一子が誕生している。三浦大知のオフィシャルファンクラブ「大知識」では、三浦大知の最新芸能活動やディスコグラフィ、バイオグラフィ等をチェックすることができる。


大知識-DAICHI MIURA OFFICIAL FAN CLUB-




三浦大知の最新ライブ情報


三浦大知はデビュー20周年を記念して「DAICHI MIURA BEST HIT TOUR 2017」の全国ツアーを行った。2017年9月16日の千葉・市川市文化会館大ホールを皮切りとして、12月25・26日に行われる東京中野サンプラザの2日間ライブまでの4ヶ月間、21会場・26公演を行った。この全国ツアーは、三浦大知自身の最大かつ最長となるライブ活動になった。


また全国ツアーの最終公演として2018年2月14日、15日と「DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in日本武道館」が行われた。当日のチケットは入手が困難になるほどの大反響を起こし、チケットの全てがプレミアチケットになったことにより、全国の映画館でのライブビューイングやWOWOWでの生中継も放映されるほどであった。


「Cry & Fight」でライブはスタートし、DMダンサーズの6人s**t kingzのshoji、kazuki、Shingo Okamoto、Oguri、NOPPO、PURI、と共に会場を圧巻。三浦大知の代名詞とも言える無音シンクロダンスやアカペラも披露した。またスペシャルゲストも登場。KREVAやラッパーの千晴、RHYMESTERの宇多丸、絢香とそれぞれのコラボレーションで会場を沸かせた。


また、最も注目を集めたゲストは満島ひかりである。Folderでの活動以来18年振りにライブでの共演をはたし、Forderの楽曲であり満島ひかりが初めて出演した映画の主題歌である「NOW AND FOREVER」で会場は大盛り上がりとなった。


photo: https://www.facebook.com/pg/DAICHIMIURAofficial/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE