2010年代を象徴するDJ、Midlandがカムバック! 来日公演が開催決定

【block.fm イベントピックアップ】正確無比のミキシングと万華鏡のようなテイストで知られるトップDJがVENTでプレイする。
SHARE
2020.02.11 07:00

時代を象徴するトラックを数多くリリースし、Pitchforkのような有名海外音楽メディアからもトップDJと評されるMidlandが3月14日にVENTにて再来日公演を行う。



2010年代を象徴するDJ、Midlandが東京でプレイ  


Will Saul率いるUKの人気レーベル「Aus Music」からリリースされたPearson Soundとのコラボ作は、ポスト・ダブステップを象徴する楽曲であり、BlawanとPariahによるユニットKarenn率いるレーベル「Works The Long Nights」からはPariahとコラボした新時代のテクノをリリース。自身のレーベル「Regraded」からはハウスをアップデートする作品を発表するなど、プロデューサーとして常にMidlandは時代の先を行く作品を発表している。 


またDJとして、正確無比なミキシングスタイルから繰り広げられる万華鏡のようなテイストのDJプレイにも定評があり、様々なパーティを始め、アドリア海でのボートパーティー「Freerotation」でのカーペット敷きのダンスフロア、ベルリンの「Panorama Bar」でのレギュラープレイ、アムステルダムの「Dekmantel Festival」、グラストンベリーの「NYC Downlow」、そして、ロンドンの「Fabric」など、クラブからフェスまで、その卓越したDJスキルで無数の人々に数え切れないほどの忘れられない瞬間を与えてきた。





海外音楽メディアも絶賛するDJミックス作品をチェック 


さらにResident Advisor、Beats in Space、Dekmantel、Essential Mixへ提供してきたDJミックス作品も世界各地のメディアが大絶賛。その中でも2017年に人気DJミックスシリーズに提供した『Fabriclive 94』は、リリース後にPitchforkやFact Magazine、Mixmagが高く評価。世界的なベストDJの仲間入りを果たしたと称賛を受けた。



そんな名実ともに世界のトップDJの1人となったMidlandが再びVENTのフロアに降臨する本イベントでは、彼が繰り広げるマジカルな瞬間に注目だ。イベントが気になった人は是非、そのプレイを直に体験するために会場に足を運んでみてはいかだろうか?



【イベント情報】

Midland at House Not House


DATE : 03/14 (Sat)

OPEN : 23:00

DOOR : ¥3,600 / FB discount : ¥3,100

ADVANCED TICKET:¥2,750

https://jp.residentadvisor.net/events/1387304


=ROOM1=

Midland

Wataru Sakuraba

Frankie $ × Datwun (House Not House)

Yuri Nagahori


=ROOM2=

LB3 (NIGHT TRAIN)

The Antoinettes

DIL × Zooey Loomer 1979 (TYTL)

KENTACATS

DJason (Mixology)


VENT:http://vent-tokyo.net/schedule/midland-2020/

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/197130345007103/


written by Jun Fukunaga




SHARE