日系台湾人シンガー・michel ko、初EP『bleu』リリース&収録曲「Deja Vu」MV公開

R&Bやヒップホップ、K-Popなどのアジアンポップからも強い影響を受け、エモーショナルでキャッチーなメロディーラインが特徴の新進気鋭シンガーによる新EP。
SHARE
2020.10.01 11:30

日系台湾人シンガーのmichel koが自身初EPとなる『bleu』を9月30日にデジタルリリースした。



今作は、彼自身の持ち前のユニークな声色と構成スタイルを維持しながら、収録されている5つのトラックすべてが複数のジャンルの影響を受けた、「フュージョン」サウンドを洗練した形で表現したもの。

長年の協力者であり友人でもあるKRICKは、michelの最初のEPのエグゼクティブプロデューサーを務め、幼なじみのHarri Lanも制作に大きく貢献した。


収録曲は、ボーカルとラップ、トラップとR&B曲がうまく融合した曲「O.M.G」から始まり、流行のダンスポップソングであるリード曲の「Deja Vu」、先日先行リリースしたロックを吹き込んだポップソング「Back To The Future(1999)」に続く。


そこからEPは、リスナーに彼の高いファルセットノートを味わわせるミニマルなLofiポップソング「Relevant」を持ち込むことによって、彼の感情的な側面にリスナーを引き込む。EPの締めくくりは、「Mind Games」で、「Solgasa」のクルーメイトであるTommi Crane(トミー・クレイン)によるEP内で唯一客演を含んだR&B/Trapの曲となっている。


Spotifyでは公式プレイリスト「ブルーにこんがらがって」のカバーアーティストに選出されるなど話題。


またEPのリリースと同時に、「DejaVu」のミュージックビデオをリリース。



監督兼ビデオグラファーのTimothy Huangが撮影したこのミュージックビデオは、曲自体の雰囲気とは対照的に、特に男性に興味がないように見える女性との「既視感(デジャヴ)」につながる状況について焦点を当てて作られている。





【リリース情報】




アーティスト名: michel ko

タイトル: bleu

Release: 2020.9.30

Format: Digital

Label: Solgasa


Track:

1. O.M.G

2. Deja Vu

3. Back to the Future(1999)

4. Relevant

5. Mind Games (feat. Tommi Crane)


配信リンク

https://FRIENDSHIP.lnk.to/bleu



【プロフィール】




日系台湾人シンガー。 幼少期から聴いていたR&Bやヒップホップに強い影響を受け、叙情的でナチュラルな感情表現、 かつK-Popなどのアジアンポップからも強い影響を受け、エモーショナルでキャッチーなメロディーラインが特徴の和洋折衷な若手のホープ。

東京を拠点とする音楽・アートコレクティブ 「Solgasa」の一員でもある。 メンバーは彼の他にWez Atlas, VivaOla、 Tommi Craneと、みな今期待されている若手アーティスト達。


michel ko Official Web:

https://michelkochang.wixsite.com/michelko


Twitter :

https://twitter.com/emotionalkids_


【FRIENDSHIP.】

https://friendship.mu/





SHARE