Michael Jacksonの遺族とディズニーが訴訟沙汰に! 著作権侵害がTVドキュメンタリーで発生!?

ディズニーとABCテレビが共同で制作した特別番組「The Last Day of Michael Jackson」で使用した楽曲が問題となり裁判沙汰に!?
SHARE
2018.06.04 12:00

Micael Jacksonの遺族がディズニーとABCテレビを訴える


最近アメリカで放映された音楽ドキュメンタリー番組「The Last Day of Michael Jackson」。故Michael Jacksonの人生を振り返る内容のこの番組が物議を醸している。


Michael Jacksonの遺族は同番組が無許可で複数の楽曲を使用したとして、放送した米ABCテレビと、その親会社であるウォルト・ディズニー・カンパニーを著作権侵害で訴えた!


使われた作品の中にはMichael Jacksonの代表曲である「Billie Jean」「Beat It」「Don't Stop 'Till You Get Enough」。さらに「Thriller」「Bad」のMV、ライブ映像の他、2009年にリリースされたドキュメンタリー「This Is It」内の映像までも含まれる。


Michael Jackson側の弁護士は「今回のような業界の事例では訴える他にない」と話している。





「The Last Day of Michael Jackson」は5月24日にABCテレビによって放送された。Micael Jacksonの若くして成功したのちに、病気や借金問題、トラブルにまみれた彼の生涯をドキュメンタリー形式で制作したもの。


ABCテレビは「世界の人々が大きく関心を寄せている彼の人生についてのドキュメンタリーであって、著作権の侵害はしていない」としている。遺族側は「Michaelの功績に対してのリスペクトがない」と徹底抗戦の構えだ!



死後もなお億万長者

アメリカの経済雑誌ForbesによるとMichael Jacksonは亡くなった著名人の長者番付で5年連続トップに君臨しており、昨年は推定で7500万ドルの収益を上げたといわれている。


これはハロウィンがテーマに選ばれた曲で構成されたコンピレーションアルバム『Scream』と、世界最高峰のパフォーマンス集団「シルク・ド・ソレイユ」が制作しているMichael Jacksonの楽曲を使用したショーが大ヒットした影響を受けての収益だ。それにしても死後9年が経ってもこの影響力、さすがはKing of Popだ!



もし今回の著作権の使用が認めてられてしまえば、番組制作会社はディズニーのドキュメンタリーを制作するといって、許可なしにミッキーマウスを使用する事態になってしまう。


番組内では30以上の著作権違反があると伝えられているが、今度裁判がどう進んでいくのか。今のところYoutubeでは同番組がABCテレビの公式チャンネルより見ることができる。




written by #BsideNews


source:

https://pitchfork.com/news/michael-jacksons-estate-sues-disney-and-abc-over-new-tv-special/

https://people.com/music/michael-jackson-estate-sues-disney-copyright-infringement-abc-special/

https://www.nbcconnecticut.com/entertainment/entertainment-news/Michael-Jackson-Tops-Forbes-Earnings-List-for-Dead-Celebrity--454128943.html


photo: wikipedia, youtube

SHARE