Megan Thee Stallionがテレビ番組でBLMへのメッセージを込めた「Savage」をパフォーム

アメリカの人気番組「Saturday Night Live」で、Breonna Taylorを射殺した警官に対する判決に対し抗議的な姿勢を示した。
SHARE
2020.10.05 11:00

Megan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)がアメリカの人気テレビ番組「Saturday Night Live(通称: SNL)」に出演し、Beyoncé(ビヨンセ)とのリミックスでも有名な全米ナンバーワンシングル「Savage」をパフォーム。通常のパフォーマンスとは違い、政治的なメッセージを込めた特別なものとなった。



Breonna Taylor事件に対するメッセージ


「protect Black women(黒人女性を守る)」と書かれたステージの前でのパフォーマンス中盤には音が止まり、鳴り響く銃声音の中1962年のMalcolm X(マルコム・X)のスピーチが流れ、続いてブラックライブマター運動の支持者であり活動家のTamika Mallory(タミカ・マロリー)のスピーチも流れた。Tamika Malloryのメッセージの内容は2020年3月13日に起こったBreonna Taylor(ブリオナ・テイラー)事件の判決に対し抗議を示すものであり、それをパフォーマンスに取り入れたMegan Thee Stallionもまた賛同の意を示したということ。


Breonna Taylorが警官に射殺された事件では発砲に関わった警官3人のうち1人だけが起訴となり、さらに殺害した罪には問われないといった判決が下され、各都市で抗議デモが発生。今回放送されたTamika Malloryのメッセージには、事件の特別検察官を務めた、黒人であるDaniel Cameron(ダニエル・キャメロン)州司法長官が、“発砲に関わった警官は正当防衛と認められ刑事訴追はできない”というスタンスを取ることに対して、「奴隷制を支持する黒人と変わりがない人物」と発言した内容も含まれている。






ニューシングル「Don't Stop」はMVにも注目


「Savage」はもちろん、Cardi B(カーディ・B)とコラボした「WAP」も大ヒット中のMegan Thee Stallionはアトランタのラッパー、Young Thug(ヤング・サグ)を迎えたニューシングル「Don't Stop」もリリースしたばかり。監督はこれまでにJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)やHalsey(ホールジー)らのMVも制作してきたColin Tilley(コリン・ティリー)がつとめている。


このMVでは『不思議の国のアリス』や『シザーハンズ』といった有名アニメ、映画作品を彷彿させるシーンが随所に散りばめられており、何とも個性的な作品となっている。自身名義の曲から、多くのフィーチャリング仕事もこなしている2人によるシングルもやはり注目すべき!!



「WAP」のような内容から、今回の「Savage」のスペシャルパフォーマンスまで幅広い顔を見せてくれるのがMegan Thee Stallionのアーティストとしての魅力なので、多くの人に知っていただきたいと思う。




written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/megan-thee-stallion-delivers-politically-charged-savage-performance-on-snl/

https://www.nme.com/news/music/megan-thee-stallion-and-young-thug-tease-joint-single-dont-stop-2764017

https://www.washingtontimes.com/news/2020/sep/25/tamika-mallory-daniel-cameron-no-different-than-th/

https://www.bbc.com/japanese/54276057


photo

https://www.instagram.com/p/CF6OFSFlttF/




SHARE