【速報】収監中だったラッパーのMeek Millが釈放、音楽活動再開を宣言する

乱闘騒ぎなどの罪状に対する保護観察処分違反が問われ、収監中だった人気ラッパーのMeek Millが釈放されたこと明らかになった。
SHARE
2018.04.25 00:06

乱闘騒ぎなどの罪状に対する保護観察処分違反が問われ、収監中だったラッパーのMeek Millが本日、釈放された。  


収監中だったMeek Millが自由の身に 


Meek Millの裁判では、犯した罪からしたら重すぎる2~4年という刑務所に収監されるという判決が下されたが、それに対して、Jay-Zなど有名ラッパーたちやファン、彼の地元フィラデルフィアのプロスポーツチームの選手達たちなど様々な人々が#FreeMeekMillキャンペーンを展開。判決内容を不当だと訴えていた。


 釈放されたMeek Millは、自身のTwitterを更新。そこで収監されていた過去5ヶ月は悪夢だったと語るも、家族や仲間たち、ファンからの励ましの手紙や保釈を求める集会などに助けられたことなどを明かした。




音楽キャリア再開を宣言  


また、フィラデルフィア地方弁護士事務所の正義ある行動に感謝していることや今後、有色人種への差別に対し、自らのプラットフォームを通じて、問題解決に取り組む考えがあることに加え、法的なチームと協力して、自身への不当な有罪判決を覆すことについても言及。そして、音楽キャリアの再開することも宣言している。



なお、Twitterによると、Meek Millは、本日、地元のプロバスケットチームPhiladelphia 76ersの試合に訪れている模様で、その会場に到着した姿を動画などを確認することができる。




Meek Mill釈放の可能性については今月から報じられるようになり、本日ついにそれが実現。また今月、Meek Millは、先述の#FreeMeekMillキャンペーンに参加した人々の姿を収めた映像を使用したMV「1942 Floes」を公開していた。




Written by Jun Fukunaga


Source:

https://twitter.com/MeekMill

https://twitter.com/i/moments/988870804871024646


Photo: Meek Mill Facebook



SHARE