千葉、東京を拠点に活動するラッパー、Maphieが新曲「Maverick」のMVを公開

英語と日本語から作られる内省的なリリックを浮遊感あるフロウに落とし込む。
SHARE
2021.06.18 12:00

千葉、東京を中心に活動しているニュージャンルのラッパーMaphie(マフィー)が2021年初となる新曲「Maverick」をリリース。


「異端者」を意味する新曲「Maverick」は、人に言えない自分の内側の部分をリリックに落とし込み、毒のあるポップスのサウンドに載せる事で、それが全ての人間に共通して内在するという普遍性を表現している。


本曲のミュージックビデオは、Maphie自身が3種類の人間になり、異なる性別やタイプも関係なく愛する事を意味している。




Maphieコメント

「素直でいる」というのをテーマに、思春期に抱いていた善悪の二元論とか以前の、純粋なきもちを表現しました。

インターネットでのコミュニケーションが、対面で話すよりもメインなツールになってきた現代は嘘がよりつきやすくなってきてる気がします。だからこそ俺は素直でいたいne、そんな曲です。


LOVE





【リリース情報】




アーティスト名: Maphie

タイトル: Maverick

Release: 2021.6.16

Format: Digital


Track:

1. Maverick


配信リンク

https://friendship.lnk.to/Maverick


【プロフィール】




Maphie(マフィー)

1999年生まれの21歳。千葉のニュータウンで育ち、東京を中心に活動。

ポップミュージックにルーツを持ち、英語と日本語のバイリンガルから作られる内省的なリリックを浮遊感あるフロウに落とし込む。

ラップ、ビートメイクの他にもデザインやイラストの制作も行っている。





SHARE