ダブステップのパイオニアMala、過去の名曲をデジタルリイシュー! 自身のレーベルも再始動

デジタルリイシュー第1弾として2006年のカルトダブステップクラシック「Anti War Dub」をリリースした。
SHARE
2021.06.27 03:00

ダブステップのパイオニアでCokiとのDIGITAL MYSTIKZ、レーベル「DMZ」の共同設立者として知られるMalaが、自身のカタログをデジタルリイシュー。それにあわせて自身のレーベル「I&I Records」も再始動させる。



デジタルリイシューされるのはかつて「DMZ」や「Big Apple」などからリリースした音源 


「I&I Records」は、Malaが2007年に立ち上げたレーベルで2019年に1度再始動している。今回のレーベル再始動に伴い、Malaは同レーベルよりかつて「DMZ」、「Soul Jazz」、「Big Apple」、「Tempa」などからリリースした自身のソロ曲やコラボ曲をリイシュー。これらの作品は公式のデジタルリリースがなかった貴重な音源だ。



リイシュー第1弾は、ダブステップのカルトクラシック「Anti War Dub」


リイシューされる作品は、元々のエンジニアであるTransitionMasteringのJasonによってリマスターされ、今後、数ヶ月に渡ってリリースされる。 リイシューの第1弾として、Malaは2006年にリリースしたダブステップのカルトクラシック「Anti War Dub」を6月25日にリリース。同曲は現在、Bandcampで購入できるほか、各種ストリーミングサービスで配信中だ。



ベースミュージックファンは、「Anti War Dub」とともに今後のMalaの貴重なリイシュー音源も楽しみにしておこう!

written by Jun Fukunaga

source: https://djmag.com/news/mala-reissue-full-back-catalogue-digitally-relaunched-ii-label

photo: Mala Facebook 



SHARE