コルグ x Nintendo Switchイベント第2弾開催決定、セガ、タイトーとのドリームタッグが実現する神回に!

Nintendo Switch専用の作曲ソフト「KORG Gadget for Nintendo Switch」が復活する。
SHARE
2018.12.26 11:00

発売前から、ゲーム機でDTMができる話題になっていたNintendo Switch専用の作曲ソフト「KORG Gadget for Nintendo Switch」初の音楽イベントとして今年9月に都内で行われた「KORG Gadget Home Party」が再び開催されることが決定した。  


ゲーム感覚で作曲できる「KORG Gadget for Nintendo Switch」イベント第2弾開催決定  


コルグが発売するNintendo Switch向け「KORG Gadget for Nintendo Switch」は、ソフト内に用意されたガジェットを使い、楽譜が読めなくても作曲体験できるほか、ゲームによくある友人との同時プレイでも作曲することができるなどまさにゲーム感覚で音楽制作を楽しめる内容になっている。




そんな「KORG Gadget for Nintendo Switch」の第2弾イベントは、来年2019年3月9日(土)恵比寿クレアートにて開催。今回のイベントでは2019年春頃に登場する追加音源「OTORII」、「EBINA」の発売を記念し、ゲームメイカーのセガ・タイトーとのコラボレーションが行われる。  


セガ、タイトーとコラボした追加音源「OTORII」と「EBINA」 


新たにガジェットとして追加される音源のうち「OTORII」は、セガとのコラボ音源で、『アウトラン』や『アフターバーナー』など80年代に人気を博したアーケードゲームを中心に、ドラム・サウンドや効果音を実機からサンプリング。ルックスもレトロゲームファンなら思わず唸るメガドライブをモチーフにした「16-BIT」ロゴが懐かしいデザインになったリズム音源ガジェットになっている。 


一方、「EBINA」は、タイトーとのコラボ音源でアーケードのダライアス筐体をモチーフにした、迫力の3画面が特徴的なデザインのシンセ・ガジェット。『ダライアス』や『ニンジャウォーリアーズ』などのアーケードゲームからFM音源サウンドを中心にサンプリングし、アーケードゲームそのままの音を再現する。


イベントの詳細は追って発表  


現在までに発表されている情報によるとイベントには、数々の人気タイトルを担当したゲーム音楽作曲家でもあり、本ソフトのプロデューサーでもある株式会社DETUNEの佐野電磁が前回に引き続き出演、またスペシャルゲストとして株式会社セガ・インタラクティブのHiro師匠、株式会社タイトー/ZUNTATAの石川勝久氏、下田祐氏の出演することが決定している。


また今後、イベントの詳細については追って公開されるとのことで、まだまだ楽器メーカーとゲームメーカーによるこのドリームマッチに対する期待値も高まるばかりだ。イベントの詳細が気になる人は是非コルグの公式Twitterをフォローして最新情報をゲットする準備をしておこう!



それにしても「OTORII」のデザイン、めちゃシビれるな…。世代だけに…。

written by Jun Fukunaga


source:

http://korggadget-homeparty.com/

https://www.korg.com/jp/news/2018/1109/


photo:korg.com1, 2



SHARE