キムカーダシアンとトランプが会談。2人の間で何が交わされたのか?

キム・カーダシアンとドナルド・トランプの2ショットが突如SNSにポストされた。その真意は果たして。
SHARE
2018.06.25 03:30

ここ先日Kanye Westを中心としたリリースラッシュが続いているが、奥さんのキム・カーダシアンは新しい形で社会に関わっている。


突如アップされたドナルド・トランプとキム・カーダシアンの2ショット画像。これには深い理由があった


 

この画像がツイッター上にアップされると、人々を混乱に陥れた。状況のわからない人々にとって政権のエンタメ化を危惧する人も多かったであろう。 しかしこの裏では、1人の女性を巡って刑務所の再改革についての議論が繰り広げられていた。




現在63歳のアリス・ジョンソンは、1996年にコカインの不正取引を行ったとして、終身刑を言い渡されていた。暴力的な行為が一切なかったにも関わらず、20年以上捕まっていたため、今回インターネットを中心に注目が集まっていた。キム・カーダシアンも、責任をうまく受け止め20年に渡り模範囚であったアリス・ジョンソンをどうにかして釈放しようと考えていた1人だ。


「セカンドチャンスを得るに値するだろう」キム・カーダシアンが勝ち取った自由


この事実をしった彼女が最初に起こした行動は、トランプ大統領の娘、イヴァンカ・トランプへの連絡だった。そこからスムーズに話が展開されていった結果、トランプ大統領との会談が実現したようだ。会談の内容は両者とも納得のいったものだったらしく、無事にアリス・ジョンソンの釈放も認められた。ホワイトハウスの声明によると、

「政府は常に犯罪に対して厳しくあるべきな一方で、刑に服し、より良い人間になるために努力をした人にはセカンドチャンスを与えるべきだろう」


と説明されている。キム・カーダシアンはこれに対し、これからも想定される制裁より長く戦っている人のために戦っていきたいと返答した。




キム・カーダシアンの会談が成功した一方で、この問題は新たな方向に進んでいる


キム・カーダシアンが刑罰の枠組みを変えようとしているのに対し、HIP HOPファンの間では現在逮捕されているアーティストの釈放を求める声が高まっている。


そのうちの1人がBobby Shumurdaだ。以下は彼のヒット曲で、4.5億回以上再生されている「Hot N*gga」。




Bobby ShmurdaはSNS上でバズったのをきっかけに、一気にシーンを駆け上がった異端児だった。決して穏やかではない生活を送っていたため、過去の悪行が原因で何度も刑務所への出入りを繰り返し、最終的には7年の服役と、5年の保護観察処分を言い渡されてしまう。


何度も罪を繰り返し、本人は否定しているが、銃携帯や殺人にまで関わっているとされている。Bobby Shmurdaが所属するヒップホップクルー「GS9」のメンバーで、殺人に関わったとされるRashaは、実際に98年の実刑判決を受けたばかりだ。


彼らの音楽が素晴らしいことは曲を聴けばわかることだが、ここ最近の誰がが捕まるたびに「Free○○」と釈放を叫ぶのは考えるべきなのかもしれない。容疑者がやってきたバックグラウンドを無視して、釈放を叫ぶのは被害者への配慮が失われている可能性がある。


今一度自分自身に置き換えて考えるいいタイミングではないだろうか。

written by Takahashi Yoshito


source: 

https://www.vanityfair.com/style/2018/06/kim-kardashian-donald-trump-alice-johnson-pardon 

https://www.highsnobiety.com/p/alice-marie-trump-kim-k/ 


photo: Donald J. Trump Twitter



SHARE