Pop Smoke、Skeptaらが参加。Kid Cudiニューアルバム『Man On The Moon III』

【ニューリリース ピックアップ】Travis Scottとコラボした「THE SCOTTS」で全米1位を獲得したKid Cudi。今作はラップにこだわったアルバムに。
SHARE
2020.12.14 03:00

Kanye West(カニエ・ウエスト)とのコラボアルバム『Kids See Ghosts』やTravis Scott(トラヴィス・スコット)とコラボした「THE SCOTTS」と全米1位ラッパーとの共演も多く業界内での評価も高いKid Cudi(キッド・カディ)が、4年ぶりのニューアルバム『Man On The Moon III』をリリースした。


『Man On The Moon』シリーズとしては実に10年ぶりとなるアルバムはこれまで以上にラップにこだわった内容となっているようだ。






注目トラックは?


アルバムリリースと同時にMVが公開されたのが「She Knows This」。歌詞の中でも繰り返されているように女性とセクシャルなパーティーをテーマにしたこの曲のMVはタイトルに「The Rager, The Menace Part 1 (Artist Spotlight Stories)」とつけられており、“Artist Spotlight Stories”と呼ばれるシリーズ物の最初の作品となっているようだ。


そして“The Rager, The Menace”は2010年にリリースされたシリーズの前作にあたる『Man on the Moon II: The Legend of Mr. Rager』に収録されている「These Worries」の歌詞にも登場する。Mr. Ragerとは彼の別人格を表しているとの話も...。




そして今は亡きドリル・ラッパーのPop Smoke(ポップ・スモーク)とUKグライム・シーンの立役者であるSkepta(スケプタ)が同時に参加している「Show Out」もやはり注目だ。ドリルサウンドをベースに作られているトラックの上ではこれまでとはまた違ったスタイルでラップしているKid Cudi。そして最初のバースではSkeptaが“Pop Smoke”の名前をすぐに出しており、しっかりとリスペクトとトリビュートの気持ちを送っているところもさすが。




Travis Scottの一言が与えた影響


リリース直前のインタビューでは「THE SCOTTS」でコラボしたTravis Scottについても話していたKid Cudi。その話によると今回のアルバムに着手する前から「次の作品は歌詞にこだわったものにしなければ」と感じていたそうで、「THE SCOTTS」の制作中にTravis Scottから「お前がラップしてる時が好きなんだ」と伝えられたらしく「Travis Scottが言うなら若いファンも好きなはずだ、この話は忘れないでおこう」と心に留めていたと言う。


自らのことをヒップホップにおいてリリシストとして評価されていないとも話すKid Cudiは、今回のアルバムでは特にラップに力を入れ、すでに紹介した曲でもわかる通り“アドリブ”も効果的に使用している。自身のレベルアップも計ったというアルバムなので気に入った曲は是非歌詞にも注目して聴いてみていただきたい。




Kid CudiはNetflixのアニメシリーズ配信とともに次なるアルバム『Entergalactic』を来年にリリースするとも噂されている。




written by BsideNews


source

https://www.hotnewhiphop.com/kid-cudis-man-on-the-moon-iii-drops-tomorrow-and-the-anticipation-is-real-news.122606.html


photo

https://www.facebook.com/kidcudi/photos/10159076210388586




SHARE