グラミー賞ノミネートのカリードがディスクロージャーとコラボ 最新シングル「Talk」リリース

2018年のグラミー賞では5部門にノミネートされ、今年ますますの活躍が期待されるカリード。4月にはセカンド・アルバムもリリース予定。
SHARE
2019.02.11 04:00

若手R&Bスター、カリードが最新シングルをリリース!


2018年のグラミー賞では新人賞を含める主要5部門のノミネートで一気に話題となった21歳のカリード(Khalid)が次のアルバムからの先行シングル、「Talk」をリリースした。プロデューサーにUK出身のディスクロージャー(Disclosure)を迎えたこの曲は、エレクトロ要素も加わりつつ、カリードのゆったりとした美声が際立つスウィートなR&Bソングに仕上がっている。


2017年のデビューアルバム『American Teen』以来2年ぶりとなる待望のセカンド・アルバムだが、今年の「コーチェラ・フェスティバル」までにリリースされるとアナウンスしていたので、正確には4月12日より前のリリースとなりそうだ。






2年間の想いが詰まったアルバムに


2016年、高校生の時にリリースしたデビュー・シングル「Location」が、10代らしい赤裸々な歌詞と渋みのある大人びた歌声で話題となりいきなり400万セールスを記録。2017年のデビューアルバム『American Teen』も200万セールスを突破し、デビュー以来快進撃を続けてきたカリード。2018年に入っても精力的に活動を続け、フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)のノーマニ(Normani)とのコラボ・シングル「Love Lies」、今年のフジロック出演も決まっているマーティン・ギャリックス(Martin Garrix)との「Ocean」など様々なアーティストとのコラボを重ね、10月には配信限定EP『Suncity』をリリースと着実にキャリアを重ねている。


そしてこの度リリースがアナウンスされたニューアルバムについてカリードは「このアルバムは、この素晴らしい2年間で僕が手に入れたすべての成長と経験の絶頂なんだ。スタジオに入って、1人1人の心に響くような作品にするために僕の魂と精神を注いだ」とコメントしている。これは否が応でも期待が高まるというものだ!






2018年10月には待望の初来日公演を果たしたR&B界の新星。現在ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、フランク・オーシャン(Frank Ocean)等の活躍で次世代R&Bの形として世界中のトレンドとなっている 「オルタナティヴ・R&B」を自身のスタイルに見事に昇華しているカリード、ティーンを卒業した彼がどのような“アダルトな”音楽を聞かせてくれるのか注目していきたい!



written by BsideNews


source:

https://www.complex.com/music/2019/02/khalid-disclosure-talk-beats-1-radio


SHARE