Kendrick Lamarの伝記が決定!30年でコンプトンからスターダムをのし上がったヒーローの半生が描かれる

Marcus J. Mooreが描く「ブラックアメリカに火をつけた」HipHopのアイコンが残し続ける功績、タイトルは「Butterfly Effect」
SHARE
2018.03.23 09:00

ファン待望の作品が執筆決定!!

30歳を迎え、これまでのアルバムでも、まだまだ限界を感じさせない、現代で最も偉大なMCの1人と言われるKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)。


今まで書かれてこなかった彼の半生を描いた伝記が、Bandcampの編集担当であり、PitchforkのライターでもあるMarcus J. Moore(マーカス・J・ムーア)によって書かれることが決まったと伝えられた。


アメリカの出版社TouchStone Booksとすでに契約が交わされ、『Butterfly Effect』とタイトルも決まっているようだ。



副題に込められた意味とは

『ブラックアメリカの魂に火をつけた』と付けられた副題は何を意図しているのか。


Marcusは今回の執筆について次のようにコメントを発表している。


「この本ではKendrickがどの様にMCとしてこの時代に現れたか。BebopとJazzという2つの衰退していたジャンルを彼がどの様に復活させ、またそれによって人種差別の残るアメリカにどのように影響を与えたかを描いていくつもりだよ。彼のストーリーは多くのアートに伝わり、革命を起こしている。それをまた地元に還元しているんだ。彼の音楽にある背景にスポットをあてて書いていきたい。僕は彼の大ファンなんだよ」


また彼はこの本を描くにあたって、Kendrickに近い人物に取材を繰り返している様で、彼の育ったコンプトンはもちろん、Kendrickが曲を描くにあたって影響を与えた人物、土地に足を運んでいるようだ。



過去にKendrick Lamarも登場するコンプトンのドキュメンタリー映像も紹介しておく。 





これを見てもわかる通り(すでに周知の事実だが)Kendrickには今の時代に足りていないとされるメッセージ性がある。それをMarcusはアートとして描きたいと語る。


Kendrickのメッセージがいかに若者を始め、アメリカから世界中に影響を与えているのか。今までに4枚のアルバムと数々のミックステープを通して自身のメッセージを伝えてきたKendrickだが、そのキャリアのピークはまだまだ迎えてはいないだろう。


これ以上の詳細は発表されていないが、この本で伝えられる事実と彼のアルバムを通してますますファンが増えることは明らかだ。




参照:

https://www.hotnewhiphop.com/a-kendrick-lamar-biography-is-in-the-works-detailing-his-butterfly-effect-news.46312.html


Written by #BsideNews

Photo: visualhunt

SHARE