Kanye Westが新作と思われる音源と関連作のトラックリストをTwitterで公開

新曲だけでなくリリース予定の自身の新作アルバムやコラボアルバム、G.O.O.D.Music関連アルバムのトラックリストを一部公開した。
SHARE
2018.05.18 03:30

4月に長らく封印していたTwitterを再開後、様々な発言で物議を醸し出しているKanye West。そんな彼がこのほど、自身のTwitterで新作と思われる音源の一部を公開した。 


音源だけでなく動画に映るホワイトボードにも注目 


音源は、シンセやラップトップが置かれた机の前に座るKanye Westの姿とともに動画としてTwitterに投稿されているのだが、あわせて注目したいのが同じ動画に映るホワイトボードだ。というのもこのホワイトボードをよく見ると、以前、本人がTwitter上で明かした5月末から6月末にかけてリリースが予定されている新作ソロアルバム、Kid Cudiとのコラボアルバム、そしてPusha T、Teyana TaylorといったKanye Westが設立したレーベルG.O.O.D.Music所属アーティストのアルバムのトラックリストが記載されていることに気づく。




ソロ新作アルバム収録曲7曲中2曲のトラック名が明らかに 


6月1日にリリースされるKanye Westの新作アルバムには、以前本人がTwitterで7曲入りであることを明かしていたが、そのホワイトボードを見る限り、それは本当のようで、7曲中5曲のトラック名はブランクになっているものの、アルバムに収録される2曲目のトラック名は「Extacy」、3曲目は「Wouldn't Leave」になることが確認できる。 


また6月1日にリリースされる「Kids See Ghost」という名義でリリースされるというKid Cudiとのコラボアルバムも同じく7曲入りとなるようで、こちらは全収録曲のタイトルがホワイトボードに記載されている。




一連のリリースの先鞭を打つPusha Tのアルバムは8曲入り?  


そのほかに5月25日にリリースされるPusha Tの新作アルバムはどうやら8曲入りとなるようで、こちらも収録される8曲分のトラック名がホワイトボードに記載されていることを確認できる。


またそのホワイトボードにはそれとは別にベテランラッパーのNasの名前が書かれた部分も見受けられることから、そちらにもKanye Westが関わっていると思われる。 一連の問題発言は、自身の新作アルバムをPRする目的で行われていたという指摘もあるKanye West。その真意が明らかになる注目の新作アルバムリリースまであと2週間ばかりだ。そこで彼は一体どのような内容を世の中に提示するのだろうか? とりあえず今は今後の続報に期待したい。

written by Jun Fukunaga


source:

https://www.stereogum.com/1996493/kanye-west-reveals-track-lists-for-kid-cudi-joint-album-pusha-ts-king-push-project/news/


photo: Kenny Sun




SHARE