フォトグラファーアーティストとして注目されるJOHANNES LOVUND(ヨハネス・ラウブンド)。その素顔に迫る

KYGOおフォトグラファーとしてEDMシーンでも注目を浴びているJOHANNES LOVUND
SHARE
2018.06.03 16:51

JOHANNES LOVUNDは一流のフォトグラファーアーティスト


JOHANNES LOVUNDは、世界を代表するフォトグラファーアーティストである。その人気については、世界中のファンをあっという間に虜にするだけの実力を持っているといっても過言ではないだろう。JOHANNES LOVUNDがここまでの人気を集めている理由を見てみよう。


フォトグラファーアーティストとして活躍を続けるJOHANNES LOVUND!その極意とは




JOHANNES LOVUNDは、世界でもトップレベルの人気実力を持つフォトグラファーアーティストだ。決して自分の実力にうぬぼれることなく、前向きに向き合うことができるフォトグラファーアーティストとして時代を生き抜いている。確かに世界中を見渡して見れば、フォトグラファーアーティストと呼ばれる人は多く存在する。しかしながら、JOHANNES LOVUNDほどの人気を誇る人は他に類を見ないといえるのではないだろうか。必要以上に目立とうとすることはなく、むしろ、控え目なところがかえって人気に拍車をかけることにつながっているという評価をする人も多い。JOHANNES LOVUNDがここまでの高評価を集めているのは、その作品の素晴らしさや奥深さもさることながら、撮影する人物をより一層セクシーに見せることができるテクニックを持ち合わせていることに起因している。自らが果たす役割を良く把握しており、その役目を果たすことに集中して臨む姿勢が多くの人から賞賛を得ているのだ。


フォトグラファーアーティストという仕事は、決して易しい仕事ではない。自らが挑戦する意欲を最大限に奮い立たせることが必要となる。厳しい寒さや暑さなどの気候変動の影響ももろに受けることにもなるだろう。時には、思うような撮影をすることができずに、イライラ感を募らせるという時も少なくない。いかにして自らの神経を研ぎ澄ませることができるかが重要なカギを握ることになるのだ。JOHANNES LOVUNDは、撮影しようとうするアーティストやミュージシャンとの距離をとることが上手いとされる。むろん、そこまでたどり着くまでの努力は並々ならぬものがあったことは容易に推測することができる。時には、アーティストやミュージシャンから罵声を浴びせられることもあるが、そこは持ち前の強さとしなやかさで乗り切ってきたのだ。



決して楽ではない!フォトグラファーアーティストの仕事




フォトグラファーアーティストとして確固たる地位を確立したJOHANNES LOVUNDであるが、その知名度の大きさに決しておごることがないのが、彼が一流と呼ばれる由縁であるといえるだろう。更なる高みを目指して努力するという姿勢こそが、JOHANNES LOVUNDの真骨頂ともいえる魅力だ。自らの納得がいく作品を手に入れるまでは、とことん突き進むというのも、結果的に彼自身にプラスとなって跳ね返ってくることになる。JOHANNES LOVUNDは、アーティストやミュージシャンに負けないほどの体力や忍耐力を持ち合わせていることも注目すべき点といえるのではないだろうか。確かに体力的に充実していなければ、フォトグラファーアーティストという仕事をこなすことはできない。いつ訪れるかわからないシャッターチャンスを逃すことなく、ものにすることができるかが、フォトグラファーアーティストとして成功の分かれ目になるのだ。


時代の進化とともに、コンサートや音楽フェスティバル、野外ステージなどの仕掛けもより複雑化の様相を呈している。フォトグラファーアーティストにとってみれば、ますます難しさを要求されることになってきた。多くの人が注目するアーティストやミュージシャンの渾身の一枚を撮るためには、それ相応の努力が必要となる。JOHANNES LOVUNDは、日本人からの人気も高いことで知られる。SNSやブログなどでも話題が絶えることのない人気のフォトグラファーアーティストだ。


Photo: https://www.facebook.com/JohannesLovund


Written by 編集部



SHARE