大井一彌、ermhoi、荘子itがトランペッター近藤等則の未公開音源を使ったセッションを配信

昨年惜しくも逝去したトランペッター近藤等則の未公開音源を大井がサンプリングしトラックを制作。そのトラックにermhoiがボーカルで、荘子itがラップでセッションをする。
SHARE
2021.06.21 09:30

ドラマー/トラックメイカーの大井一彌(DATS/yahyel)がermhoi(Black Boboi/Millennium Parade)、荘子it(Dos Monos)、サウンドエンジニアの葛西敏彦を客演に迎え、6/25(金)に近藤音体研究所から配信ライブを行う。 


昨年惜しくも逝去したトランペッター近藤等則の未公開音源を大井がサンプリングし、トラックを制作。そのトラックに、ermhoiがボーカルで、荘子itがラップでセッションをする内容となっている。葛西はリアルタイムでの音作りに徹する。


近藤等則の息子である近藤陽太が2021年からスタートさせた配信ライブプロジェクト「実験JIKKEN」。出演者に近藤の遺した音源を提供し、近藤が30年以上使用していたスタジオ「近藤音体研究所」を会場にセッションを行なっている。


「実験JIKKEN」というタイトルには、新たな表現を追求する実験の場にしていきたいという願いが込められている。 過去に中村達也(Dr)、中尾憲太郎(Ba)、守家巧(Ba)、山木秀夫(Dr)、 SUGIZO(Gt/Vn)という錚々たるメンバーがこのプロジェクトに出演をしているが、サンプリングの試み、近藤と縁がないアーティストは今回が初となる。


大井一彌コメント

『いつものように膨大なサンプル音源を手に入れたが、 いつもと違うのは、そのサンプルの出処がハッキリし過ぎている事だった。これほどまでにオーソライズされた情報を扱えること自体、今時珍しいことだと思う。 "トランペットのサンプル音源"と、"近藤等則さんの生前の生演奏" という二つの側面を持った音をもとに、記録された音の扱われ方の本質、ひいては生と死の在り方を暴くことを目的とする。 そこで、声と言葉で生きる二人のミュージシャン、ermhoiと荘子itに共演を。その ミックスとサウンドシステムは葛西敏彦さんの力をお借りして、二つの状態を行き来する音楽制作をすることにした。』





【公演情報】




公演タイトル:『実験JIKKEN-繰音-』

配信日時:2021年6月25(金)21:00~ JST

配信チケット料金:1,500YELL (税込1,650円) アーカイブ:チケット付随、別途購入可 

アーティスト:大井一彌(Dr/TM)、ermhoi(Vo)、荘子it(Rap)、葛西敏彦(SE)、近藤 等則(Etp)

配信プラットフォーム:MUSER https://muser.link/__b/


過去実験JIKKENプロジェクト:

https://www.toshinorikondo.com/category/%e5%ae%9f%e9%a8%93jikken/


リツイートキャンペーン実施中

https://twitter.com/soundbodylab/status/1404424478466080770?s=20





SHARE