ブルックリン発SSW・Jeremy Zucker、新曲「supercuts」をリリックビデオと同時にリリース

終わりが見えている恋愛関係について歌う楽曲の裏には、皮肉的なメッセージも隠されている。
SHARE
2020.07.29 02:00

2020年4月に発売したデビュー・アルバム『ラヴ・イズ・ノット・ダイイング』が既に世界で2億回以上のストリーム数を記録しているブルックリン発のシンガー・ソングライター、Jeremy Zucker(ジェレミー・ザッカー)が新曲「supercuts」をリリック・ビデオとともに急遽リリースした。


 

夏にぴったりの気持ちいい1曲だとコメントされている「supercuts」は、Jeremyと敏腕プロデューサーであるマックス・マーティンのプロダクションカンパニー、MXM campがスウェーデンのストックホルムで共同制作した楽曲。終わりが見えている恋愛関係について歌う同楽曲では、“君のママを夕食の場で泣かせたくないな、冬にモールのSupercuts(お店の名前)で出くわすのも怖いな、きっと彼女は僕の度胸が嫌い、まあ仕方ないよね”と恋人を悲しませた彼氏として相手の母親に嫌われるであろう、という小さな憂鬱を等身大的な歌詞で表現している。

 

またJeremyは「supercuts」に隠したメッセージについてこう語る。

“「supercuts」は独りよがりになって、自分が元々いた場所に戻ってしまう恐怖を歌っているんだ。僕にとってその場所はニュージャージーの田舎の小さな町。その恐怖を皮肉的に表したのが、元カノのお母さんとモールで出くわしてしまう所。アップビートな曲なのに、実はその裏には皮肉的で自己嫌悪的なメッセージが隠されているんだ。書いていて楽しかったよ”

 






【リリース情報】




Jeremy Zucker「supercuts」

視聴・購入はこちら

https://umj.lnk.to/JeremyZucker_supercuts

 

【商品情報】

ジェレミー・ザッカー『ラヴ・イズ・ノット・ダイイング』

UICU-1318 / \2,500(税抜)/ 歌詞・対訳・解説付

視聴・購入はこちら

https://umj.lnk.to/JeremyZucker_Album

 

TRACKLIST

01. still / スティル

02. we're fucked it's fine / ウィアー・ファックト・イッツ・ファイン

03. somebody loves u / サムバディ・ラヴズ・ユー

04. orchid / オーキッド

05. lakehouse / レイクハウス

06. good for her / グッド・フォー・ハー

07. not ur friend / ノット・ユア・フレンド ★シングル★

08. full stop / フル・ストップ

09. julia / ジュリア ★シングル★

10. hell or flying / ヘル・オア・フライング

11. always, i'll care / オールウェイズ、アイル・ケア ★シングル★

12. brooks interlude / ブルックス・インタールード

13. oh, mexico / オー、メキシコ

<海外デラックス盤 収録 ボーナストラック>

14. comethru / カムスルー

15. you were good t o m e (Jeremy Zucker & Chelsea Cutler / ユー・ワー・グッド・トゥ・ミー ジェレミー・ ザッカー&チェルシー・カトラー

<日本盤 限定収録 ボーナストラック>

16. talk is overrated feat. blackbear / トーク・ イズ ・ オーヴァー ・ レイテッド feat. ブラックベア

 

【アーティスト情報】

日本公式HP: https://www.universal-music.co.jp/jeremy-zucker/






SHARE