Jeff Millsが「視覚」「聴覚」「空間」がテーマの新『感覚』コンピレーションをリリース

これまでの膨大な作品の中からSight『視覚』、Sound『聴覚』、Space『空間』という3つのテーマごとに楽曲をセレクトする。
SHARE
2019.08.09 12:00

テクノシーンのレジェンド、Jeff Millsが心と頭を覗き見るかのようなコンピレーション『SIGHT SOUND AND SPACE』をリリースする。  


近年ではオーケストラの為に作品を書き下ろした作品『Planets』を発表、また自身のルーツであるジャズフュージョンのプロジェクトとして、大野由美子(Buffalo Daughter)、日野賢二、ジェラルド・ミッチェル(UR、Los Hermanos)らとのグループ“SPIRAL DELUXE”としてライヴやリリースを行うなど、多岐に渡る活動を展開するJeff Mills。





また音楽活動だけにとどまらず、近代アートとのコラボレーションも積極的に行っており、2017年にはその功績が認められ、フランス政府より日本の文化勲章にあたる芸術文化勲章「Officier de la Légion d’honneur Ordre des Arts et des Lettres」を授与されるなど、活躍もめざましい。



そんな彼は今年、長いキャリアの中で発表してきた数々の名作を、日々、進化を続ける音楽とリスナーに対して、本人が向き合い、再編集。アナログレコードでリリースしていく「ディレクターズ・カット・シリーズ」をスタートしているが、同シリーズのCDコンピレーション版としてジェフ・ミルズ自らが編纂する作品『SIGHT SOUND AND SPACE』を海外ではJeff Mills主宰の音楽レーベル「Axis Records」より10月4日に、日本では「U/M/A/A」より9月25日に先行リリースする。 


発売を控える『SIGHT SOUND AND SPACE』では、これまでリリースされた膨大な作品の中から、人間が持つ感覚、Sight『視覚』、Sound『聴覚』、Space『空間』という3つのテーマごとに楽曲をセレクション。さらに、Jeff Millsによるこの3つのテーマについての解説と考察が加えられており、どの様な契機、思考、制作プロセスを経て作品となったのか、すべての収録曲について語った貴重なテキストが収録される約50Pのブックレットが、特別なハードカバーブックケースに収録される。  


エレクトロニック・ミュージック・シーンのリヴイング・レジェンドとして尊敬を集め、音楽作品だけでなくその発言にも注目の集まるJeff Mills。人間の感覚をテーマに編纂するコンピレーション・アルバムの発売が待ち遠しい。注目の収録曲の詳細は下記のとおり。



【リリース情報】

Jeff Mills『SIGHT SOUND AND SPACE』

2019年9月25日リリース


仕様:CD3枚組、解説ブックレット(和訳入り)+ハードカバーブックケース

品番:UMA-1127〜1129

定価:¥4,300+税

発売元:U/M/A/A Inc.


[CD 1] Sight


1.Perfecture – taken from “Metropolis” CD

2.Deckard – taken from “Blade Runner” EP

3.Le Mer Et C’est Un Caractere  - taken from “Sequence” CD

4.Homing Device – taken from “2087” CD album

5.The Never Ending Study – taken from “Etudes Sur Paris” album

6.The Drive Home  - taken from “Woman In The Moon”

7.Parallelism In Fate - taken from “And Then There Was Light” film soundtrack

8.Devices taken from “At First Sight “ CD

9.Transformation B (Rotwang’s Revenge)  – taken from  “Metropolis” CD album

10.Sleepy Time – taken from “Trip To The Moon” CD album

11.Multi-Dimensional – taken from “Man From Tomorrow” film soundtrack

12.Descending Eiffel Stairs – taken from “The Crazy Ray”   film soundtrack

 

[CD 2] Sound


1.The Hunter  - taken from “Free Fall Galaxy” Album.

2.The Bells

3.4Art

4.The 25th Hour  - unreleased

5.Growth

6.Spiral Galaxy

7.Microbe  - taken from “The Power” CD

8.Jade  - taken from “Every Dog Has Its Day Vol. 2”

9.Where The Shadows Have Motives – taken from the Rembrandt Experience soundtrack.

10.Flying Machines  - taken from “Sequence” CD compilation

11.Compression-Release – taken from “Emerging Crystal Universe”

12.Into The Body – taken from “Fantastic Voyage” Soundtrack

13.The Resolution  - taken from “Actual” 12” EP (2)

14.Spiral Therapy – taken from “The Power” CD



[Booket] And


ジェフ・ミルズ本人による書き下ろし各曲解説。CD収録曲にまつわる解説やストーリーを収録。

 

[CD 3] Space

 

1.Introduction – Phase 1-3  taken from “Fantastic Voyage” soundtrack

2.Mercury (Residue Mix) - Unreleased – taken from “Planets” CD

3.Unreleased002

4.The Believers

5.The Industry Of Dreams – taken from “The Messenger” CD

6.Stabilizing The Spin – taken from “Moon: The Area Of Influence” CD

7.G-Star

8.Planet X – taken from “Lost In Space” 12” EP

9.The Worker’s Party – taken from Gamma Player Compilation “Niteroi’ collaboration project

10.Daphnis (Keeler’s Gap) – taken from “X-102 Re-discovers The Rings Of Saturn”

11.Outer Space – Unreleased

12.Unreleased005

13.Self-Portrait taken from “One Man Spaceship” CD

14.Aitken Basin – taken from “The Messenger” CD

15.Deadly Rays (Of A Hot White Sun) – taken from “Where Light Ends” CD

16.Medians – taken from “Free Fall Galaxy” album



written by Jun Fukunaga




SHARE