インフルエンザの大流行は“犬ヶ島”にも。ウェス・アンダーソン・ワールド全開の動く映画ポスター

野田洋次郎や村上虹郎も声優として参戦。日本を舞台にした世界待望の新作『犬ヶ島』は5月公開。
SHARE
2018.02.07 10:00

寒い。とにかく寒い。今週も寒気に覆われ、インフルエンザに襲われた日本列島にタイムリーな動画が届いた。


アカデミー賞で4部門に輝いた『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)はもちろん、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)や『ダージリン急行』(2007)など、その独特な世界観でカリスマ的人気を誇るウェス・アンダーソン監督。待望の最新作『犬ヶ島』は5月に全国公開が決定した。


劇中のメガ崎市では、犬インフルエンザが大流行


『犬ヶ島』は日本を舞台にしたストップモーション・アニメーション。メガ崎市では犬インフルエンザが大流行していた。映画では犬インフルに罹患し、ごみ処理場の島・犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す、少年と犬たちの壮大な物語が描かれる。


このほど公開されたのは、なんともシュールなモーションポスター。犬たちの間にじわじわとインフルが広がっていく様子を見ることができる。君の周りでインフルにやられている、あいつやあいつやあいつに見えてくる…かもしれない。




豪華声優陣も話題で、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といったアンダーソン組の常連がそろって参加。さらに、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノらの初参戦が決定している。


ハリウッド俳優たちと並んで声優を務める日本人キャストも超豪華。


また、日本が舞台なだけあって、RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙ら、他にも日本人キャストがこぞって登場。彼らが何役でどんな声を聴かせてくれるのか、楽しみでしかない。


映画『犬ヶ島』は2018年5月全国ロードショー。2月15日に開幕する第68回ベルリン国際映画祭では、オープニング作品としての上映とコンペティション部門への正式出品が決定している。同部門では、坂本龍一も審査員を務めるのだとか。


公式サイト: http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/


Written by Thumper Jones


SHARE