今年のグラミー賞は誰が獲る!? INSIDE OUTがヒップホップ系アーティストの受賞を大胆予想!

ノミネートは多かったものの主要4部門で受賞を逃した昨年。今年はカーディ・B、ケンドリック・ラマー、トラヴィス・スコットによるヒップホップ旋風が巻き起こるか?
SHARE
2019.02.05 10:00

INSIDE OUTがヒップホップ系アーティストのグラミー受賞を大胆予想!


日本時間2月11日(月)にロサンゼルスで開催される第61回グラミー賞。block.fmのヒップホップ専門番組「INSIDE OUT」では今年のヒップホップ系アーティストの受賞を大胆予想! 


昨年のグラミー賞ではケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が7部門、ジェイ・Z(Jay-Z)が8部門とヒップホップ・アーティストの躍進が目立ったものの、蓋を開けてみれば主要部門では受賞を逃す結果に。今回から「レコード賞」、「アルバム賞」、「楽曲賞」、「新人賞」の主要4部門のノミネート枠が従来の「5」から「8」に拡大。その影響もあってかアルバム賞では8作品中ヒップホップ/R&Bのアルバムが6作品もノミネート。 そんな中INSIDE OUTの渡辺志保が予想したのはカーディ・B(Cardi B)による『Invasion of Privacy』であったが、結果はいかに!







レコード賞はケンドリック・ラマー & SZAによる「All The Stars」と予想


レコード賞はそのアーティストだけでなく、プロデューサーやエンジニアといった楽曲の収録に関する全てを含めた広義に及ぶもので、グラミー賞の中でもメインとなる部門。INSIDE OUTが予想する今年のレコード賞は、映画『ブラックパンサー』の全米1位にもなったサントラ(インスパイアード・アルバム)からケンドリック・ラマー & シザ(SZA)による「All The Stars」。


『ブラックパンサー』が様々な映画賞でノミネート/受賞している中で本命とも言えるのだが、これまでグラミー賞では黒人アーティストは全体的に不利だとされてきた。それには選考方法など別の理由もあるが、黒人ヒーローを主役とした映画で使われた曲であり、黒人アーティストによる楽曲が受賞となれば歴史的瞬間だ! 





MVも話題になった「This Is America」が楽曲賞を受賞か


ソングライターが受賞の対象となる楽曲賞ではチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)ことドナルド・グローヴァー(Donald Glover)による「This Is America」と予想! この曲はレコード賞での受賞も有力視されているが、MVはもちろん、今のアメリカにおける社会問題を風刺した歌詞といい、ノミネート作品の中でも別格のインパクトを残した楽曲だと言えるだろう。


同じくMVが話題となったドレイク(Drake)による「God's Plan」もノミネートされているが、ソングライターという面では「This Is America」に比べソフトな印象か。グラミー賞”らしい”作品といえばそうなのだが、ドレイクは過去にグラミー賞をボイコットし批判を展開していたことから、ノミネートはされても受賞とまではいかないかも?






新人賞を含む5部門ノミネートのH.E.R.


2017年10月にリリースしたデビューアルバム『H.E.R.』が全米8位にもなったH.E.R.(ハー)。日本での認知度とは裏腹にアメリカでは次世代の歌姫の1人として注目を集め、メディアへの露出が少ない、その神秘的なキャラクターも魅力のひとつ。また、ニューヨーク在住の日本人エンジニア、ミキ・ルーニー(Miki Rooney)がキャリアの初期から作品に携わっていることも注目したい。


今年の新人賞にはラッパーの名前がなく、INSIDE OUTのDJ YANATAKEは「多すぎで選べない」とラッパー勢のいない理由を話すが、確かにXXLマガジンのフレッシュマン企画ならまだしも、グラミー賞という広い定義の中では選びきれないのかも。またポスト・マローン(Post Malone)がラッパーではなくポップ・アーティストとしてノミネートされているなど、ジャンルの線引きも難しいところだ。




今年のグラミー賞では司会をアリシア・キーズ(Alicia Keys)がつとめるなど、女性アーティストにフォーカスしている印象。となるとカーディ・Bの活躍が目立ちそうだが、グラミー賞的には受け入れがたいような... ここはヒップホップ勢も受賞作多数! 女性アーティストも大活躍! と今までの印象を変えて、世間の”グラミー賞離れ”を回避するような結果となって欲しいところだ!



『INSIDE OUT』のラジオアーカイヴはこちら
https://block.fm/radios/8

written by BsideNews


photo: facebook



SHARE